「プラグ」の話

「歯磨き粉」の話は反応が多かったので、もう一つ、単語の話。



愛犬ハリーのコード好きはあいかわらずで、少し前には空気清浄機のコードを、そして、おとといはインターホン子機充電器のコードをかみ切りました。最近のコードは以前のように単純なものではないものが多く、しろうとには簡単に直せないのです。空気清浄機のものはまさにそうでしたが、幸か不幸か、買ってから数年経っているので、買い替えても悪くはないタイミングでした。充電器のほうは、幸い、ごく単純な、昔ながらのコードだったので、差し込み部分だけ買い求めれば自分でも直せそうです。ちなみに、充電器の会社に電話をして相談したら、「慣れない方がおやりになると危険なので、新しいものをお求めになることをお勧めします」と言われました。「おいくらですか」と尋ねると、「4000円で、宅配の代引きに1000円かかりますので、5000円かかります」という返事。「考えさせてください」と電話を切り、近くのビックカメラに出向きました。

そこで困ったことが!あの差し込み部分はなんというのか?《コンセント?》いやいや、それは差込口のほう。《プラグ?》そうかもしれない。しかし、不安は完全には消えないまま、ビックカメラに。以下、若いお兄さんとの会話。

大:プラグ、どこに置いてありますか?

若:「プラグ」ですか?

大:ええ、電線をコンセントにつなぐ...

若:ああ、OAタップですね。

大:いやいや、そうじゃなくて、OAタップの先のところ。壁のコンセントに入れる、あの部分。

若:えっ、先っちょだけですか?そこだけ切ってお売りするわけには...

(そこへ、兄さんの上司らしき、ちょっと売り場経験が長そうなお姉さん登場)

姉:なにかお困りでしょうか。

大:ええ、電線をコンセントにつなぐ、二本の金具がついているプラグが欲しいのですが。

姉:ああ、変換プラグですね、外国で使う。

大:いや、そうではなく...

(もはや、現代文明から疎外された老人の気分。そこへ、一目でベテランとわかるおじさん現わる)

じ:なにをお探しでしょうか?

大:電線を壁のコンセントにつなぐ、二本の金具がついているプラグなんですが...

じ:あ、それはこちらです。

(と、売り場の奥の奥、秋葉原のマニアックな電気部品屋さんのような風情のところまで案内され、そして、そこにまさに探していたあれが!)

大:ああ、これです、これです。ところで、これ、なんていうんですか。

じ:これはパナソニックのもので、「スナップキャップ」と言うんですが、一般的には「コンセントプラグ」だなんて呼んでいます。この頃は買う人もあんまりいないので、若い店員は知らないかもしれません。すいませんでした。

コンセントプラグ(わーい)は95円で、ビックカメラのポイントで手に入れることができましたが、おもしろい7分間の体験でした。

148回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

東京言語研究所 公開講座 下條信輔さん

東京言語研究所では、「公開講座」と銘打ち、理論言語学と関連する領域の研究者をお招きし、最近の研究成果などをその領域の専門家以外の人にもわかりやすくお話ししていただく機会を設けています。 今回は知覚心理学、視覚科学、認知神経科学の領域を牽引する下條信輔さん(カリフォルニア工科大学教授)にお話をしていただきます。 いつもどおり、時間はゆったりと3時間とってあります。たくさんの皆さんのご参加をお待ちして

言語教育動画シリーズの新規追加分

公開が少し遅れていました、言語教育動画シリーズの第16回から第20回までがアップされました。 https://www.iizuna-shoten.com/column_book-cat/movie/ 今回は5文型の話、科学をすることの楽しさの話、ことばへの気づきの話になります。 今回からYouTubeでも限定公開するそうです。「限定公開」の意味はたとえば https://news.mynavi.j

東京言語研究所理論言語学講座オンライン(ZOOM)ガイダンスのお知らせ

5月から始まる理論言語学講座の課目紹介などがあります。また、今回は池上嘉彦先生による「言語研究の面白さ」のミニ講演も無料で視聴できます。 日時:4月24日(土)10:00-11:45 (リアルタイムの視聴のみ) 今年度、わたくしは前期の水曜日に「言語心理学(入門)」を講じます。総説の後、言語獲得と言語理解についてわかりやすくお話しします。言語学、心理学などについての予備知識は前提としません。今回は