「中止を求める会」からの「質問および要望書」に対する都教委からの回答

2022年11月13日に都立高校入試へのスピーキングテスト導入の中止を求める会が東京都教育委員会に対して「質問および要望書」を提出しました。それに対する徳田哲吉 東京都教育庁総務部広報統計課長名での回答が2022年11月22付でありました。


このやりとりを池田真澄 新英語教育研究会会長が質問と回答をすぐに対照できる形にまとめてくれました。とても貴重な資料だと思います。池田さんの了解が得られましたので、ここに公開いたします。なお、原ファイルはWORD形式になっていましたが、ここでの掲載のため、JPEG形式に変換しました。そのため、余分なスペースなどが生じましたが、ことの緊急性を考え、そのままここに掲載いたします。


都教委の回答が、誠実な、「丁寧な説明」になっているか、それとも、あまり誠実さを感じ取ることができない、実質をほとんど伴わない形だけの回答なのか、みなさんでご判断ください。







閲覧数:261回0件のコメント

最新記事

すべて表示

東京都の中学校英語スピーキングテスト(ESAT-J)の実施日11月27日(日曜日)が迫ってきました。ESAT-Jについてはじつにさまざまな問題が指摘されています。差し迫った、現実的な問題としてずさんとしか言いようがないやり方での試験監督・監督補助者の求人が行われており、しかも、その人集めに苦慮しているという点が多方面から指摘されています。 もちろん、そういった現実的問題も重要ではあるのですが、ES

2022年10月19日に都庁記者クラブの記者会見場で、わたくしを含めた5人が東京都教育長と教育委員会委員に宛てた、令和5年度の都立高校入学者選抜に中学校英語スピーキングテスト(ESAT-J)の結果を使用しないことに関する要望書(2022年10月14日付)についての記者会見を開きました。 その席上でのわたくしの発言の一部がネット上で誤って紹介されていることに気づきました。そこでは次のように紹介されて