top of page

「東京都の「英語スピーキングテスト(ESAT-J)」が抱える本質的問題(その1)、(その2)」のツボ

更新日:2022年5月7日

 先日、「東京都の「英語スピーキングテスト(ESAT-J)」が抱える本質的問題(その1)、(その2)」と題するエッセイを掲載しました。

https://bit.ly/3w7O97Z

https://bit.ly/383hQPC

それぞれ、それなりの長さがあるので、今回は短く、その「ツボ」といったところを書いておきたいと思います。


 「その1」に関係する基本文書は「中学校英語スピーキングテスト(ESAT-J)のお知らせ」(令和4(2022)年4月、東京都教育庁)と題された2ページのちらし(https://bit.ly/3LNrwMK

と「東京都中学校英語スピーキングテスト事業について」(令和3(2021)年9月24日、東京都教育庁)と題された、これも2ページの文書(https://bit.ly/3LFECvE)です。

 「その1」のツボは、今回の問題の根っこには、都内の中学校3年生全員を対象としたアチーブメントテストである東京都の「英語スピーキングテスト(以下、ESAT-J)」を都立高校の入試に利用しようとしたところにあるという点です。一つは「アチーブメントテスト」と「入学試験問題」は性質が異なるということ、もう一つは2つのテストの受験対象者にずれがあるという点が問題なのです。

 アチーブメントテストというのは、そのテストによって、生徒は「どれくらい話せるようになったか」と「レベルアップのための学習方法」がわかり、学校は「より分かりやすく、英語の力を身に付けることができる授業」を目指しやすくなることを狙ったものです(文中の「」の文言は上記前者のちらしからの引用)。それに対して、入学試験問題は当該学校と受験生の「相性」(「学力」の程度や質など)を確かめるものです。両者の間には明確な違いがあります。

 加えて、ESAT-Jは都内の中学3年生を対象にしたもの、都立高校の入試は地域的に開かれたものというずれがあります。それゆえ、上記後者の文書で、「ESAT-J不受験者の扱い」として「ESAT-Jを受験しなかった生徒も、東京都立高等学校入学者選抜において不利にならないように取り扱う。⇒ 当該不受験者の学力検査の英語の得点から、仮の「ESAT-Jの結果」を求め、総合得点に加算する」という処置が必要となってしまいました。

 そのことにより、意図的不受験を含む問題が生じました。


 「その2」のツボはある中学生が発した「ずるくね?」という一言に尽きます。都内の中学校の中には、学校でESAT-J に酷似したGTECを利用し生徒たちがGTECを受験している学校とそうでない学校があることがこの生徒がことばにした不公平感の原因です。ESAT-J とGTECは「似ていたとしても違う」(都教委の担当者、朝日新聞のEduA https://www.asahi.com/edua/article/14573655

という、通りようがない言い訳をするよりも、浜佳葉子東京都教育長のいうとおり、「大人の事情ではなく子どもにとって何が一番良いのかを第一の判断基準にし」(東京新聞、2022年4月30日付ネット版)て、ずるさを感じた中学生の気持ちに寄り添うのが本来なすべきことと思います。

 なお、この事例を「利益相反」と呼ばずして、なにをそう呼べばよいのか理解に苦しみますが、「利益相反」ということばを持ち出さない方が対処しやすいのであれば、それでもかまいません。必要なのは「ずるくね?」という、生徒の不公平感を拭うことです。


 最後に、一言付け加えておきたいと思います。今回の問題の出発点となった英語スピーキングテストですが、「話す」という行為はさまざまな心理過程と発話過程を含んでいます。まずは、英知を結集して、その分析を行い、中学生にはそのどの部分の力をどの程度身につけるのがよいのかについて議論することが大切です。学習指導要領を参照することは重要なことですが、その前にその学習指導要領作成にあたっていま述べた作業がどの程度きちんと行われていたのかを精査すべきです。それは単に今回の問題のためだけでなく、すでに開始されている次期学習指導要領作成のためにも必要な作業なのですから。


【付記】「(その1)」「(その2)」を読んでくださった、関西地区在住の方から、「どうしてもこの問題は東京の問題だとして関心を持つ人が少ない」というコメントをいただきました。あすは我が身の問題として考えていただきたいですね。

閲覧数:593回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ずいぶん前のことですが、ふとテレビを見ると歌手デビュー間もない小柳ルミ子が歌っていました。 歌の途中からだったのですが、「♪男だったら 泣いたりせずに 父さん 母さん 大事にしてね」という歌詞が耳に飛び込んできました。「瀬戸の花嫁」という新曲(山上路夫作詞)です。 すぐ《それにしても、ずいぶんと気の強い花嫁だなぁ》と思いました。嫁いでいくときに、父親に向かって、「男だろ!泣いてなんかいないで、母さ

1 最初の話題は東京都の英語スピーキングテスト(ESAT-J)の話題です。 Yahooニュースに転載されたTOKYO MXの2023年1月12日22時12分配信の記事によると、1月12日に開催された東京都教育委員会の定例会でもESAT-Jの今回の実施については「大きなトラブルはなかった」としていたということです。 この記事にはMXニュースの動画も添えられています。以前に紹介したすばらしいドキュメン

bottom of page