『生徒の心に火をつける—英語教師田尻悟郎の挑戦』

最終更新: 3月21日

表記の本が販売開始となりました。版元は教育出版です。田尻悟郎さんに直接取材して得た情報をもとに書き起こされたすばらしい本です。横溝紳一郎編著、大津由紀雄・柳瀬陽介著、田尻悟郎監修です。 自著のことを「すばらしい本」と評するのはさすがのわたくしでも躊躇します。それでもそう書いたのには理由があります。この本は、柳瀬さんが研究代表者となって得た科学研究費で田尻さんを取材し、その資料をもとに、田尻さんのライフヒストリーを中心に横溝さんがまとめ、それに田尻さんが目をとおしてコメントを加え、横溝さんがさらに加筆修正してできたものです。その意味で、この本の実質的著者は横溝さんであり、その作成にあたり本当の意味での監修をしたのが田尻さんです。 では、柳瀬さんとわたくしはなにをしたか?柳瀬さんはこの企画を起ち上げ、科研費をとり、田尻さんの取材にあたり、得た資料の活用法を検討し、そして、この本に「田尻に学ぶということ」というコラムを寄稿しました。柳瀬さんがいなければ、この本は生まれなかったのです。わたくしは取材につきあわせていただくという口実のもと、取材後、みんなで焼酎を呑み、語り合うことを楽しませていただきました。でも、それだけでは申し訳ないので、「田尻悟郎の《ことばへの感性》」というコラムを書かせてもらいました。(注:わたくしのコラムに明白な誤りが1箇所残ってしまいました。すみません。どこであるかはすぐわかりますので、あえてここには書きません。) ただ、Amazonなどでは「大津由紀雄(著)、柳瀬陽介(著)、横溝紳一郎(編著)」と、横溝さん、田尻さんの貢献がきちんと反映されていない形で出てきます。わたくしとしてはとても心苦しいのですが、あまり例のない作成過程を経てできた本なので、しかたない面もあるようです。 【追記】その後、「横溝紳一郎(著)、柳瀬陽介(著)、大津由紀雄(著)、田尻悟郎」という表記に改まりました。一安心です。(5月28日) しかし、この本がすばらしい本であることは間違いありません。どうぞみなさん、ぜひご一読なさって下さい。

#本の紹介 #英語教育 #言語教育

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

よいお年をお迎えください

いよいよ大晦日となりました。我が家ではまもなく研究室関係者や元関係者が集まって、恒例の年越しパーティが開かれます。お昼からビジネスミーティングをやって、3時ごろから、新年が明けるまでわいわいがやがやと騒ぎます。 24日に香港から戻って、留守中、たまった仕事をかたずけていたら、年内にアップしようと思っていた記事を書く時間が無くなってしまいました。メモ代わりに、書く予定の記事を列挙しますと、 1 南山

「きょうは話題の元暴走族リーダーも来てます」の落ちを言語学的に説明しなさい。

所用があって、香港中文大學(Chinese University of Hong Kong)へ来ています。けさ、ネットで日本の新聞のサイトを閲覧していたところ、スポニチに以下の記事を見つけました。 — 映画「仮面ライダー×仮面ライダーオーズ&ダブル feat・スカル MOVIE大戦CORE」の初日舞台あいさつでは、出演者の山本太郎(36)が宇梶剛士(48)を見ながら「きょうは話題の元暴走族リーダー

2010年度 プロジェクト言語教育 経過報告

諸々の事情により、しばらく更新が滞っておりましたが、プロジェクト言語教育(以下PLTと略)は今年度も引き続き活動を続けています。 本年度のPLTでは、 (1)PLTで構想されている言語教育の具体化 (2)小学校外国語活動の混乱の沈静化 という2つの目的を同時に実現するべく、小学校外国語活動用教材の作成を主な目標として活動が展開されています。そのため、今年度からはPLTメンバーに加え、小学校で実際に

​コミュニティ

 ブログ

 フォーラム

  • Facebook

© Copyright 2020 by General Incorporated Association Kotobanokyoiku