top of page

ことしもやります!「教師のためのことばセミナー」

東京言語研究所では過去9回にわたり、「教師のためのことばワークショップ」を開催し、「ことばへの気づき(metalinguistic awareness)」の概念を中核としたワークショップを行ってきました。そして昨年、「教師のためのことばセミナー」として、「ことばへの気づき」に関する講義を中心としたものに模様替えしてみました。また、新型コロナ状況であることを考え、開催形態もZoomを利用したオンライン形式を採りました。各回の講座には他の日担当の講師陣も参加し、ディスカッションも深まりました。そこで、本年も引き続き「教師のためのことばセミナー」形式で開催します。受講者としては小中高大の先生をはじめ、教員志望者、社会人など、いろいろな背景を持つ方々を想定しています。理論と実践を融合させたセミナーは多くの方々のお役に立つと思います。皆様のご参加をお待ちしております。


詳細は

https://bit.ly/3cOqkg6

をご覧ください。


各日10:00AM~12:00PM

10月16日(日)大津由紀雄・関西大学

ことばへの気づき概論と小中高大校種別対応可能性

10月30日(日)北野ゆき・守口市立さつき学園

ことばへの気づきを利用した小学校での授業実践

「ことばってこうやって考えてみたら、めっちゃ面白いなぁ、先生」

11月20日(日)向後朋美・十文字学園女子大学

ことばへの気づきを利用した大学での授業実践ー母語を利用した外国語教育の基盤の形成

12月04日(日)柾木貴之・北海学園大学

ことばへの気づきを利用した国語科と英語科の連携―その歴史、方法、実践

12月18日(日)亘理陽一・中京大学

学校教育の視点から見た、ことばへの気づき

閲覧数:249回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ずいぶん前のことですが、ふとテレビを見ると歌手デビュー間もない小柳ルミ子が歌っていました。 歌の途中からだったのですが、「♪男だったら 泣いたりせずに 父さん 母さん 大事にしてね」という歌詞が耳に飛び込んできました。「瀬戸の花嫁」という新曲(山上路夫作詞)です。 すぐ《それにしても、ずいぶんと気の強い花嫁だなぁ》と思いました。嫁いでいくときに、父親に向かって、「男だろ!泣いてなんかいないで、母さ

1 最初の話題は東京都の英語スピーキングテスト(ESAT-J)の話題です。 Yahooニュースに転載されたTOKYO MXの2023年1月12日22時12分配信の記事によると、1月12日に開催された東京都教育委員会の定例会でもESAT-Jの今回の実施については「大きなトラブルはなかった」としていたということです。 この記事にはMXニュースの動画も添えられています。以前に紹介したすばらしいドキュメン

bottom of page