ことしもやります!「教師のためのことばセミナー」

東京言語研究所では過去9回にわたり、「教師のためのことばワークショップ」を開催し、「ことばへの気づき(metalinguistic awareness)」の概念を中核としたワークショップを行ってきました。そして昨年、「教師のためのことばセミナー」として、「ことばへの気づき」に関する講義を中心としたものに模様替えしてみました。また、新型コロナ状況であることを考え、開催形態もZoomを利用したオンライン形式を採りました。各回の講座には他の日担当の講師陣も参加し、ディスカッションも深まりました。そこで、本年も引き続き「教師のためのことばセミナー」形式で開催します。受講者としては小中高大の先生をはじめ、教員志望者、社会人など、いろいろな背景を持つ方々を想定しています。理論と実践を融合させたセミナーは多くの方々のお役に立つと思います。皆様のご参加をお待ちしております。


詳細は

https://bit.ly/3cOqkg6

をご覧ください。


各日10:00AM~12:00PM

10月16日(日)大津由紀雄・関西大学

ことばへの気づき概論と小中高大校種別対応可能性

10月30日(日)北野ゆき・守口市立さつき学園

ことばへの気づきを利用した小学校での授業実践

「ことばってこうやって考えてみたら、めっちゃ面白いなぁ、先生」

11月20日(日)向後朋美・十文字学園女子大学

ことばへの気づきを利用した大学での授業実践ー母語を利用した外国語教育の基盤の形成

12月04日(日)柾木貴之・北海学園大学

ことばへの気づきを利用した国語科と英語科の連携―その歴史、方法、実践

12月18日(日)亘理陽一・中京大学

学校教育の視点から見た、ことばへの気づき

閲覧数:165回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年9月28日付の朝日新聞 EduAに「都立高校入試スピーキングの不可解 --- 都スピーキンテストは「アチーブメントテストとしても入試としてもダメ。5億円の無駄づかい」 英語教育専門家の保護者」と題した記事が掲載されました。都スピーキングテスト(ESAT-J、イーサット・ジェイ)の問題をずっと取材し、一連の優れた記事を書いてきた、石田かおるさんと山下知子さんの署名記事です。 https:/

先日の東京都議会文教委員会で、先日の東京都議会文教委員会で、ESAT-Jによる学校現場の混乱についてアオヤギ有希子議員が都教委に質問した際、「混乱しているとは認識していない」という回答がありました。この回答に、《それは現場の声とは違う!》と怒りを感じた先生たちも少なくないようです。たくさんメールをいただきました。中でも、現在、中学3年生を担当する中学校の先生がこの点について詳しく書いてくれました。

取る【付記】末尾に「付記」を加えました。(09/18/2022) 東京都の英語スピーキングテスト(ESAT-J)の試験監督求人広告が出ていると知人から教えられました。バイト情報サイト「バイトル関東」に載っている求人広告です。 https://bit.ly/3LhCwmk (以下の引用は2022年9月16日21時50分閲覧の画面からのものです。) 「学校や家庭との両立◎履歴書不要!友達同士OK」、ま