top of page

ことしもやります!「教師のためのことばセミナー」

東京言語研究所では過去9回にわたり、「教師のためのことばワークショップ」を開催し、「ことばへの気づき(metalinguistic awareness)」の概念を中核としたワークショップを行ってきました。そして昨年、「教師のためのことばセミナー」として、「ことばへの気づき」に関する講義を中心としたものに模様替えしてみました。また、新型コロナ状況であることを考え、開催形態もZoomを利用したオンライン形式を採りました。各回の講座には他の日担当の講師陣も参加し、ディスカッションも深まりました。そこで、本年も引き続き「教師のためのことばセミナー」形式で開催します。受講者としては小中高大の先生をはじめ、教員志望者、社会人など、いろいろな背景を持つ方々を想定しています。理論と実践を融合させたセミナーは多くの方々のお役に立つと思います。皆様のご参加をお待ちしております。


詳細は

をご覧ください。


各日10:00AM~12:00PM

10月16日(日)大津由紀雄・関西大学

ことばへの気づき概論と小中高大校種別対応可能性

10月30日(日)北野ゆき・守口市立さつき学園

ことばへの気づきを利用した小学校での授業実践

「ことばってこうやって考えてみたら、めっちゃ面白いなぁ、先生」

11月20日(日)向後朋美・十文字学園女子大学

ことばへの気づきを利用した大学での授業実践ー母語を利用した外国語教育の基盤の形成

12月04日(日)柾木貴之・北海学園大学

ことばへの気づきを利用した国語科と英語科の連携―その歴史、方法、実践

12月18日(日)亘理陽一・中京大学

学校教育の視点から見た、ことばへの気づき

閲覧数:265回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日本外国語教育推進機構(JACTFL)シンポジウムでの基調講演

2024年3月10日(日曜日)に上智大学四谷キャンパスで開催される日本外国語教育推進機構(JACTFL)第12回シンポジウムにおいて基調講演をいたします。関心のある方は参加申し込みをなさってください。以下に、JACTFLのサイトにある基調講演関連の情報を貼りつけます。参加申し込みは下記からできます。 https://x.gd/IQc94 第12回シンポジウム 外国語教育の未来を拓く:ことばの価値に

いま奈良教育大学附属小学校で起こっていること

奈良教育大学附属小学校でただならぬことが起こっている。 ことの直接の始まりは、2023年5月に「奈良教育大学附属小学校において、教育課程の実施等に関し法令違反を含む不適切な事案がある旨、奈良県教育委員会から連絡があり、奈良国立大学機構理事長の指示のもと調査委員会を設置」(「奈良教育大学附属小学校の教育課程に関する不適切事案のお詫び及び報告書について」宮下俊也・奈良教育大学長、小谷隆男・奈良教育大学

bottom of page