シンポジウム:英文解釈法再考—日本人にふさわしい英語学習法を考える

最終更新: 3月21日


追加情報(10年6月4日) 定員に達しましたので、シンポジウム参加受付は終了いたしました。 追加情報(10年5月31日) 懇親会は定員に達しましたので、受付を終了いたしました。 毎年、12月に開催している英語/言語教育シンポジウムですが、本年は夏に開催することにいたしました。


英文解釈法再考—日本人にふさわしい英語学習法を考える


2010年7月11日日曜日


午後1時から6時頃まで(予定)


慶應義塾大学(三田キャンパス)北館ホール



登壇者:


斎藤兆史 (東京大学)


江利川春雄 (和歌山大学)


大津由紀雄 (慶應義塾大学)


内容:


1 先人たちはどうやって英文解釈法を編み出したのか?その意図は?



2 英文解釈法はなぜすたれたか?



3 すたれてしまった英文解釈法は英語遣いの中に根強い支持者を持つ。それはなぜか?



4 いま英文解釈法をどう利用すればいいのか?



5 英文解釈法から見た現在の学校英語教育は?「英語は英語で」は正論か?いまなにをすべきか?



プログラム(予定):


講演(各50分)



1 英文解釈法の歴史的意義と現代的課題(江利川)



2 外国語学習法としての英文解釈法のすばらしさ(斎藤)



3 認知科学からみた英文解釈法(大津)



鼎談


懇親会

定員は30人程度。



申し込み方法

「2010年度言語教育シンポジウム参加希望」と明記のうえ、以下の項目を添えてE-mail、ファクスでお送り下さい。

氏名(ふりがな)

所属(任意)

住所(任意)

電話(任意)

ファクス番号(任意)

メールアドレス(任意)

懇親会参加希望の有無(学部生・大学院生で、割引を希望する場合にはその旨、明記すること。ただし、割引は先着10名)

申込先、問い合わせ先

sanka711[@]otsu.icl.keio.ac.jp

@の前後にある [ と ] を除いて下さい。(これは自動的にメールアドレスを読み取られることを防止するための方策です。お手数ですが、コピー&ペーストするのではなく、ご自身で打ち込んで下さい。)

ファクス (045)563-3979

電話   (045)563-3978

223-8521

横浜市港北区日吉4-1-1

慶應義塾日吉キャンパス内

慶應義塾大学出版会

言語シンポジウム事務局

#2010年7月英文解釈法シンポジウム #イベント #英語教育 #言語教育

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

よいお年をお迎えください

いよいよ大晦日となりました。我が家ではまもなく研究室関係者や元関係者が集まって、恒例の年越しパーティが開かれます。お昼からビジネスミーティングをやって、3時ごろから、新年が明けるまでわいわいがやがやと騒ぎます。 24日に香港から戻って、留守中、たまった仕事をかたずけていたら、年内にアップしようと思っていた記事を書く時間が無くなってしまいました。メモ代わりに、書く予定の記事を列挙しますと、 1 南山

「きょうは話題の元暴走族リーダーも来てます」の落ちを言語学的に説明しなさい。

所用があって、香港中文大學(Chinese University of Hong Kong)へ来ています。けさ、ネットで日本の新聞のサイトを閲覧していたところ、スポニチに以下の記事を見つけました。 — 映画「仮面ライダー×仮面ライダーオーズ&ダブル feat・スカル MOVIE大戦CORE」の初日舞台あいさつでは、出演者の山本太郎(36)が宇梶剛士(48)を見ながら「きょうは話題の元暴走族リーダー

2010年度 プロジェクト言語教育 経過報告

諸々の事情により、しばらく更新が滞っておりましたが、プロジェクト言語教育(以下PLTと略)は今年度も引き続き活動を続けています。 本年度のPLTでは、 (1)PLTで構想されている言語教育の具体化 (2)小学校外国語活動の混乱の沈静化 という2つの目的を同時に実現するべく、小学校外国語活動用教材の作成を主な目標として活動が展開されています。そのため、今年度からはPLTメンバーに加え、小学校で実際に

​コミュニティ

 ブログ

 フォーラム

  • Facebook

© Copyright 2020 by General Incorporated Association Kotobanokyoiku