スミハレくんと澄晴氏

「(野地)スミハレ」と聞いてピンとこない日本人の言語獲得研究者がいたら、それはもうもぐりとしか言いようがありません。広島大学で国語教育の教授を務められ、のちに鳴門教育大学学長となった野地潤家さん(1920-2016)の『幼児期の言語生活の実態Ⅰ~Ⅳ』(1973-1977年、文化評論出版)は長男のスミハレくんの言語生活を誕生から7年間、対話の形で記録したものです。テープレコーダー、ワープロ、パソコンなどのない時代のことです。


4巻本で、各巻が1000ページほどの大著です。出版当時、言語獲得の研究を始めたばかりのわたくしは家庭教師のアルバイトに励み、お金を貯めて、全巻を買いそろえたことをはっきりと覚えています。


そのスミハレ君が野地澄晴氏となって突如現れました。まことにうかつなことに、友人に指摘されるまで気づかなかったのですが、『最強の食材 コオロギフードが地球を救う』(2021年、小学館新書)の著者野地澄晴氏こそがまさにそのお方です。

https://amzn.to/3yNYTYI


調べてみると、2016年から徳島大学の学長をお務めになっているようで、朝日新聞の記事にも登場しておいででした。

https://bit.ly/38RQ05Y


なんとわたくしと同い年で(これもお父上の大著の解説部分に書いてあったはずですが、わたくしも若かったからでしょうか、年齢にはあまり関心がなく、そうしたことは記憶に残っていません)、こうなると、「澄晴さん」とお呼びしたくなります。徳島大学のサイトに掲載されている「学長メッセージ」を拝見すると、じつに意欲的な構想で大学の運営にあたられていることがわかります。

https://www.tokushima-u.ac.jp/about/president/


なんだか、とても元気になりました。

閲覧数:341回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年9月28日付の朝日新聞 EduAに「都立高校入試スピーキングの不可解 --- 都スピーキンテストは「アチーブメントテストとしても入試としてもダメ。5億円の無駄づかい」 英語教育専門家の保護者」と題した記事が掲載されました。都スピーキングテスト(ESAT-J、イーサット・ジェイ)の問題をずっと取材し、一連の優れた記事を書いてきた、石田かおるさんと山下知子さんの署名記事です。 https:/

先日の東京都議会文教委員会で、先日の東京都議会文教委員会で、ESAT-Jによる学校現場の混乱についてアオヤギ有希子議員が都教委に質問した際、「混乱しているとは認識していない」という回答がありました。この回答に、《それは現場の声とは違う!》と怒りを感じた先生たちも少なくないようです。たくさんメールをいただきました。中でも、現在、中学3年生を担当する中学校の先生がこの点について詳しく書いてくれました。

取る【付記】末尾に「付記」を加えました。(09/18/2022) 東京都の英語スピーキングテスト(ESAT-J)の試験監督求人広告が出ていると知人から教えられました。バイト情報サイト「バイトル関東」に載っている求人広告です。 https://bit.ly/3LhCwmk (以下の引用は2022年9月16日21時50分閲覧の画面からのものです。) 「学校や家庭との両立◎履歴書不要!友達同士OK」、ま