チョムスキーの来日講演の動画

最終更新: 3月20日



先日、ノーム・チョムスキーが来日したことはご存知の方が多いと思います。公開された講演は上智大学での言語・科学思想編と政治・社会思想編だけですが、ほかにも、非公開のワークショップや集会での語りがあります。 上智のものは注目度が高く、予約制だった政治・社会思想編は受け付け開始後、まもなく、満席予約状態になりましたし、整理券制だった言語・科学思想編も、夕方の開始にもかかわらず、昼ごろには整理券がなくなってしまったようです。この現象をどう解釈するかはけっこうむずかしい問題です(もちろん、チョムスキーに注目が集まっている/集まったということは事実なのですが、問題はなぜチョムスキーに注目が集まっているのか/集まったのかです)が、その講演の動画が上智大学のOpen Course Wareとして公開されました。 http://ocw.cc.sophia.ac.jp/140305linstic

音響に多少の問題がありますが、貴重な資料です。

非公開の語りの1つに慶應義塾大学言語文化研究所主催のワークショップがあります。最初にチョムスキーのIntroductory Remarksがあり、それに続いて、聴衆との質疑応答がありました。会場が横長なので、左右の端に座った人には板書が見ずらかった/見えなかったのではと思います。こちらも動画が公開されましたが、この動画では板書の内容もアップでほぼ的確に捉えられています。 http://www.icl.keio.ac.jp/news/2014/03/chomsky-syntax-session-2014-keio-linguistic-colloquium.html

後者の動画はチョムスキーの表情もよく捉えており、当日の雰囲気が伝わってきます。

85歳でなおあくなき知的好奇心を持ち、理性に支えられた思考を実践し続けるチョムスキーの姿は人間のすばらしさを教えてくれます。

これらの動画の公開に踏み切った上智大学と慶應義塾大学に敬意を表するとともに、公開に同意したチョムスキー教授に感謝したいと思います。、

#認知科学

0回の閲覧

​コミュニティ

 ブログ

 フォーラム

  • Facebook

© Copyright 2020 by General Incorporated Association Kotobanokyoiku