中京大学での公開講座、大成功

最終更新: 3月21日

以前にこのブログでもご案内した、中京大学での公開講座「コミュニケーションという観点から英語教育についてじっくり考えよう—理論と実践が出会うとき」が先週末開催されました。 http://oyukio.blogspot.com/2010/05/blog-post_13.htm 野村昌司さんの陣頭指揮で見事に運営された会でした。200人は超えていたのでは思われる聴衆のほとんどは最後まで会場に留まり、その雰囲気を楽しんでいました。 まず、中京大学国際英語学研究科創設の立役者、吉川寛さんが「国際英語world Englishes」という考え方と英語教育の関連について端的にまとめてくださいました。国際英語という文脈での「情報交換可能性」についていろいろと考えさせられるお話でした。 田尻悟郎講演の前座としてのわたくしの役割は、田尻実践を支える理論的基盤について主として言語理論の立場から解説することでした。教育のような実践的行為については科学や理論と呼ばれるものに頼りすぎてはいけないというチョムスキーの警告を念頭に置いた上で、あとづけで田尻実践のすばらしさを探るとそこには科学や理論の教えるところとの見事なほどの整合性が見られることを指摘しました。その上で、大切なことは田尻実践を模倣することではなく、田尻実践を支える基盤を自ら築くことが大切で、そのためにはまず好奇心を大切にし、言語感覚を磨こうという話をしました。 主役の田尻悟郎さんの講演はいつものとおり、聴衆を魅了しました。教育に対する整然とした見とおし、つぎからつぎへと絶えることなく飛び出す新しいアイディア、聴衆を飽きさせることのない話術、どれをとっても脱帽ものです。しかし、脱帽しているだけではあまり意味がない。なにかを学びとる必要があるのです。 田尻さんはこんなことを言いました。「英語ノート」は文法シラバスに則って作られた、実質スキル重視の教材であり、使い方を間違えると中学校と同じような授業が展開される。児童が頭を使い、既得知識を駆使しようとする授業を工夫することが大切だと。さらに、現在小学校や中学校で行われている活動には、「ごっこ」や「似非コミュニケーション活動」が多く、コミュニケーション活動には意味のある情報の伝達が必要であると指摘して、それに代わるべき実践の例をたくさん見せてくれました。一部は模擬授業形式をとっての熱演でした。 その後、登壇者による鼎談と会場からの質問に答えるセッションがありました。その末尾に、田尻さんは「言葉は頭と心が動いた時、口が動いて発せられるもの。言外の意味や言葉の裏の真意を感じられる生徒を育てたい」と締めくくりました。 参加できなかったかたに朗報があります。『(英語)授業改革論』に続き、同じ教育出版から『生徒の心に火をつける』が出版されました。田尻実践とそのこころを横溝紳一郎さん(と柳瀬陽介さんと大津)が探ります。田尻さんの肉声も数多く収録されているこの本、お勧めです。 http://www.amazon.co.jp/生徒の心に火をつける―英語教師田尻悟郎の挑戦-横溝-紳一郎/dp/4316802844/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=books&qid=1276470228&sr=8-2

#イベント #英語教育 #言語教育

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

よいお年をお迎えください

いよいよ大晦日となりました。我が家ではまもなく研究室関係者や元関係者が集まって、恒例の年越しパーティが開かれます。お昼からビジネスミーティングをやって、3時ごろから、新年が明けるまでわいわいがやがやと騒ぎます。 24日に香港から戻って、留守中、たまった仕事をかたずけていたら、年内にアップしようと思っていた記事を書く時間が無くなってしまいました。メモ代わりに、書く予定の記事を列挙しますと、 1 南山

「きょうは話題の元暴走族リーダーも来てます」の落ちを言語学的に説明しなさい。

所用があって、香港中文大學(Chinese University of Hong Kong)へ来ています。けさ、ネットで日本の新聞のサイトを閲覧していたところ、スポニチに以下の記事を見つけました。 — 映画「仮面ライダー×仮面ライダーオーズ&ダブル feat・スカル MOVIE大戦CORE」の初日舞台あいさつでは、出演者の山本太郎(36)が宇梶剛士(48)を見ながら「きょうは話題の元暴走族リーダー

2010年度 プロジェクト言語教育 経過報告

諸々の事情により、しばらく更新が滞っておりましたが、プロジェクト言語教育(以下PLTと略)は今年度も引き続き活動を続けています。 本年度のPLTでは、 (1)PLTで構想されている言語教育の具体化 (2)小学校外国語活動の混乱の沈静化 という2つの目的を同時に実現するべく、小学校外国語活動用教材の作成を主な目標として活動が展開されています。そのため、今年度からはPLTメンバーに加え、小学校で実際に

​コミュニティ

 ブログ

 フォーラム

  • Facebook

© Copyright 2020 by General Incorporated Association Kotobanokyoiku