制限的用法と非制限的用法

これまで作例の「国民に多大な負担を強いる消費税率の引き上げ」を使ってきましたが、これからは実例が使えます。


「NTTから接待を受けたことがあるか」。この問いに対する武田総務大臣の答弁に野党側が反発し、国会審議が中断し再開されませんでした。

 「総務大臣はNTTから接待を受けたことはありますか」(立憲民主党 白眞勲参院議員)

 「国民から疑念を抱かれるような会食会合、そうしたものに応じたことはございません」(武田良太総務相)

 「会食した事実自体があるか、それをお聞きしたい」(立憲民主党 白眞勲参院議員)

 「国民が疑念を抱くような会食会合に応じたことは一切ございません」(武田良太総務相)

(TBS News https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4218661.htmlhttps://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4218661.html 2021年3月10日18時43分)


武田良太総務相は18日の衆院総務委員会で、昨年11月にNTTの澤田純社長やJR東海の葛西敬之名誉会長との会食に同席したことを認めた。関係業者からの供応接待を禁じる大臣規範に関し「出席者から特定の要望、依頼を受けたことはなく、規範に抵触する会食ではなかった」とした。

(東京新聞 https://www.tokyo-np.co.jp/article/92224 2021年3月17日13時38分)


【下線はいずれも大津】




閲覧数:240回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年9月28日付の朝日新聞 EduAに「都立高校入試スピーキングの不可解 --- 都スピーキンテストは「アチーブメントテストとしても入試としてもダメ。5億円の無駄づかい」 英語教育専門家の保護者」と題した記事が掲載されました。都スピーキングテスト(ESAT-J、イーサット・ジェイ)の問題をずっと取材し、一連の優れた記事を書いてきた、石田かおるさんと山下知子さんの署名記事です。 https:/

先日の東京都議会文教委員会で、先日の東京都議会文教委員会で、ESAT-Jによる学校現場の混乱についてアオヤギ有希子議員が都教委に質問した際、「混乱しているとは認識していない」という回答がありました。この回答に、《それは現場の声とは違う!》と怒りを感じた先生たちも少なくないようです。たくさんメールをいただきました。中でも、現在、中学3年生を担当する中学校の先生がこの点について詳しく書いてくれました。

取る【付記】末尾に「付記」を加えました。(09/18/2022) 東京都の英語スピーキングテスト(ESAT-J)の試験監督求人広告が出ていると知人から教えられました。バイト情報サイト「バイトル関東」に載っている求人広告です。 https://bit.ly/3LhCwmk (以下の引用は2022年9月16日21時50分閲覧の画面からのものです。) 「学校や家庭との両立◎履歴書不要!友達同士OK」、ま