吉田研作さんとご一緒に登壇!

一般社団法人 ことばのまなび工房の連続ワークショップ「英語の教室で何ができるか」の第一回目に登壇いたします。4月23日午後3時から4時45分までで、オンラインです。参加費は参加費:1回につき、学生1,100円、一般1,650円、全4回を一括事前申込で割引/学生4,000円、一般6,000円)です。

https://kotoba-kobo.jp/workshop


この連続ワークショップでは毎回2人のゲストが登壇するのですが、わたくしの相棒はなんとあの吉田研作さんです。研作さんとは歳も近く、長い間の友人ですが、こと英語教育の在り方についての考えはかなり異なります。その辺りを法人のブログではゲスト紹介欄に「異なる視点や方向からのご提言も多いようにお見受けします」と何重にもオブラートに包んで書いてくれています。


知的格闘が展開できればとこの機会を大いに楽しみにしています。


連続ワークショップの構想は以下のとおりです(法人のブログから)


「英語の教室で何ができるか」

「英語の教室で何ができるか」というタイトルは、英語の教室という時間・空間とそこでの活動の中で、「教師や学習者には何が可能か」と「何が生まれてくるか」という問いかけです。『英語の教室』は、単なる知識や詰め込み場所や技能の訓練所ではなく、何かが生まれる出会いの空間、何かが生み出される創作の時間であるべきでしょう。英語の教室にはどんな可能性がどれほどあるのか、また、その実現にはどのようなことが必要か、私たちに何ができるのか。日本の英語教育を牽引する先生方のお話を伺い、アイデアを出し合って、楽しく、かつ、真剣に考えましょう。

閲覧数:294回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年9月28日付の朝日新聞 EduAに「都立高校入試スピーキングの不可解 --- 都スピーキンテストは「アチーブメントテストとしても入試としてもダメ。5億円の無駄づかい」 英語教育専門家の保護者」と題した記事が掲載されました。都スピーキングテスト(ESAT-J、イーサット・ジェイ)の問題をずっと取材し、一連の優れた記事を書いてきた、石田かおるさんと山下知子さんの署名記事です。 https:/

先日の東京都議会文教委員会で、先日の東京都議会文教委員会で、ESAT-Jによる学校現場の混乱についてアオヤギ有希子議員が都教委に質問した際、「混乱しているとは認識していない」という回答がありました。この回答に、《それは現場の声とは違う!》と怒りを感じた先生たちも少なくないようです。たくさんメールをいただきました。中でも、現在、中学3年生を担当する中学校の先生がこの点について詳しく書いてくれました。

取る【付記】末尾に「付記」を加えました。(09/18/2022) 東京都の英語スピーキングテスト(ESAT-J)の試験監督求人広告が出ていると知人から教えられました。バイト情報サイト「バイトル関東」に載っている求人広告です。 https://bit.ly/3LhCwmk (以下の引用は2022年9月16日21時50分閲覧の画面からのものです。) 「学校や家庭との両立◎履歴書不要!友達同士OK」、ま