大名力さんによる講習会のご案内(すでに定員に達しました)

更新日:5月14日

名古屋大学教授の大名力(おおな・つとむ)さんが「英語の綴りの仕組み」についての講習会を開きます。以下に、その情報を貼りつけておきます。[前回もすぐに定員に達してしまったようなので、関心がある方は早めに申し込みをするようお勧めします。]


─────────────────────────

講 師:大名力 (名古屋大学 人文学研究科 英語学)

題 目:英語の綴りの仕組み

日時等:5/21 (土) 15:00-18:00 (3時間,休憩あり)

    Zoom による開催,参加無料

申込先:件名を「英語の綴りの仕組み 参加申込」とし

    簡単な自己紹介を添え

    大名力 まで(申し込みを締め切ったため、メアドを削除しました)

締 切:すでに定員に達しました


内容

1. 英語の書記体系

2. 音声と文字・綴りのずれ

3. 子音字の発音

4. 母音字の発音

5. i, u の生起制限と接辞付加における i/y の交替

6. w, l と後母音字 a, o の発音


こんなことを疑問に思ったことがある人に

・apl ではなく apple なのはなぜ?

・win と wine,e の有無で発音が変わるのはなぜ?

・please の読まない e は何のために付いている?

・pleasing に e がないのはなぜ?

・sitting なのに visiting。t を重ねないのはなぜ?

・studies, studied なのに studying なのはなぜ?

・cry-cried なのに play-plaied でないのはなぜ?

・worm がワームで warm がウォームなのはなぜ?

・work がワークで walk がウォークなのはなぜ?

・cycle の2つの c の発音が違うのはなぜ?

・god, pod なのになぜ od ではなく odd?

・A, B, C ... の名前はなぜエー,ビー,シー ...?

・V が2つ並んだ W を double U と呼ぶのはなぜ?

・hav, giv ではなく have, give と書くのはなぜ?

─────────────────────────


閲覧数:342回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年9月28日付の朝日新聞 EduAに「都立高校入試スピーキングの不可解 --- 都スピーキンテストは「アチーブメントテストとしても入試としてもダメ。5億円の無駄づかい」 英語教育専門家の保護者」と題した記事が掲載されました。都スピーキングテスト(ESAT-J、イーサット・ジェイ)の問題をずっと取材し、一連の優れた記事を書いてきた、石田かおるさんと山下知子さんの署名記事です。 https:/

先日の東京都議会文教委員会で、先日の東京都議会文教委員会で、ESAT-Jによる学校現場の混乱についてアオヤギ有希子議員が都教委に質問した際、「混乱しているとは認識していない」という回答がありました。この回答に、《それは現場の声とは違う!》と怒りを感じた先生たちも少なくないようです。たくさんメールをいただきました。中でも、現在、中学3年生を担当する中学校の先生がこの点について詳しく書いてくれました。

取る【付記】末尾に「付記」を加えました。(09/18/2022) 東京都の英語スピーキングテスト(ESAT-J)の試験監督求人広告が出ていると知人から教えられました。バイト情報サイト「バイトル関東」に載っている求人広告です。 https://bit.ly/3LhCwmk (以下の引用は2022年9月16日21時50分閲覧の画面からのものです。) 「学校や家庭との両立◎履歴書不要!友達同士OK」、ま