大名力さんによる講習会のご案内(すでに定員に達しました)

更新日:5月14日

名古屋大学教授の大名力(おおな・つとむ)さんが「英語の綴りの仕組み」についての講習会を開きます。以下に、その情報を貼りつけておきます。[前回もすぐに定員に達してしまったようなので、関心がある方は早めに申し込みをするようお勧めします。]


─────────────────────────

講 師:大名力 (名古屋大学 人文学研究科 英語学)

題 目:英語の綴りの仕組み

日時等:5/21 (土) 15:00-18:00 (3時間,休憩あり)

    Zoom による開催,参加無料

申込先:件名を「英語の綴りの仕組み 参加申込」とし

    簡単な自己紹介を添え

    大名力 まで(申し込みを締め切ったため、メアドを削除しました)

締 切:すでに定員に達しました


内容

1. 英語の書記体系

2. 音声と文字・綴りのずれ

3. 子音字の発音

4. 母音字の発音

5. i, u の生起制限と接辞付加における i/y の交替

6. w, l と後母音字 a, o の発音


こんなことを疑問に思ったことがある人に

・apl ではなく apple なのはなぜ?

・win と wine,e の有無で発音が変わるのはなぜ?

・please の読まない e は何のために付いている?

・pleasing に e がないのはなぜ?

・sitting なのに visiting。t を重ねないのはなぜ?

・studies, studied なのに studying なのはなぜ?

・cry-cried なのに play-plaied でないのはなぜ?

・worm がワームで warm がウォームなのはなぜ?

・work がワークで walk がウォークなのはなぜ?

・cycle の2つの c の発音が違うのはなぜ?

・god, pod なのになぜ od ではなく odd?

・A, B, C ... の名前はなぜエー,ビー,シー ...?

・V が2つ並んだ W を double U と呼ぶのはなぜ?

・hav, giv ではなく have, give と書くのはなぜ?

─────────────────────────


閲覧数:327回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日、「東京都の「英語スピーキングテスト(ESAT-J)」が抱える本質的問題(その1)、(その2)」と題するエッセイを掲載しました。 https://bit.ly/3w7O97Z https://bit.ly/383hQPC それぞれ、それなりの長さがあるので、今回は短く、その「ツボ」といったところを書いておきたいと思います。 「その1」に関係する基本文書は「中学校英語スピーキングテスト(ESAT

東京都の「英語スピーキングテスト(ESAT-J)」が抱える本質的問題(その2) 大津由紀雄 2022年5月4日 「その1」に引き続き、都立高校入試に利用される、東京都の「英語スピーキングテスト(以下、ESAT-J。English Speaking Achievement Test for Junior High School Studentsの略称で、「イー・サット・ジェイ」と読みます)」が抱える