top of page

大阪大学大学院人文学研究科創設記念式典での祝辞

大阪大学大学院には(歴史的諸事情から)「文学研究科」と「言語文化研究科」という2つの研究科が存在していましたが、この4月に「教育体制を時代に即してバージョンアップし、文系・理系の分断を超えて、大阪大学の諸学の基礎となり、今日のグローバル社会を支えていく「新しい人文学」を構築」(同研究科パンフレット)すべく、人文学研究科が創設されました。昨日、2022年9月9日に大阪大学会館講堂でその創設記念式典が行われました。


宮本陽一同研究科長から依頼を受けましたので、その式典に参列し、祝辞を述べました。5分程度の割り当て時間でしたので、深く突っ込んだ議論はしていませんが、「領域横断」的研究・教育の(ちょっと間違えると「めんどうくささ」になってしまう)「奥深さ」が伝わるように心がけたつもりです。その意味で一般性もあるかと思いますので、ここに公開いたします。


なお、同研究科の基盤にある重要概念の一つとして「学林」があります。この3月まで総長補佐としてこの研究科の創設に深くかかわった金水敏さんの発案である、この概念は検討に値する興味深いものと思います。

https://www.hmt.osaka-u.ac.jp/research/gakurin/


「領域横断」というのはまさに「言うは易く行うは難し」の難事です。研究科長の宮本陽一さんをはじめ、関係の皆さんのご健闘をお祈りします。負けないで!










閲覧数:274回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ずいぶん前のことですが、ふとテレビを見ると歌手デビュー間もない小柳ルミ子が歌っていました。 歌の途中からだったのですが、「♪男だったら 泣いたりせずに 父さん 母さん 大事にしてね」という歌詞が耳に飛び込んできました。「瀬戸の花嫁」という新曲(山上路夫作詞)です。 すぐ《それにしても、ずいぶんと気の強い花嫁だなぁ》と思いました。嫁いでいくときに、父親に向かって、「男だろ!泣いてなんかいないで、母さ

1 最初の話題は東京都の英語スピーキングテスト(ESAT-J)の話題です。 Yahooニュースに転載されたTOKYO MXの2023年1月12日22時12分配信の記事によると、1月12日に開催された東京都教育委員会の定例会でもESAT-Jの今回の実施については「大きなトラブルはなかった」としていたということです。 この記事にはMXニュースの動画も添えられています。以前に紹介したすばらしいドキュメン

bottom of page