大阪大学大学院人文学研究科創設記念式典での祝辞

大阪大学大学院には(歴史的諸事情から)「文学研究科」と「言語文化研究科」という2つの研究科が存在していましたが、この4月に「教育体制を時代に即してバージョンアップし、文系・理系の分断を超えて、大阪大学の諸学の基礎となり、今日のグローバル社会を支えていく「新しい人文学」を構築」(同研究科パンフレット)すべく、人文学研究科が創設されました。昨日、2022年9月9日に大阪大学会館講堂でその創設記念式典が行われました。


宮本陽一同研究科長から依頼を受けましたので、その式典に参列し、祝辞を述べました。5分程度の割り当て時間でしたので、深く突っ込んだ議論はしていませんが、「領域横断」的研究・教育の(ちょっと間違えると「めんどうくささ」になってしまう)「奥深さ」が伝わるように心がけたつもりです。その意味で一般性もあるかと思いますので、ここに公開いたします。


なお、同研究科の基盤にある重要概念の一つとして「学林」があります。この3月まで総長補佐としてこの研究科の創設に深くかかわった金水敏さんの発案である、この概念は検討に値する興味深いものと思います。

https://www.hmt.osaka-u.ac.jp/research/gakurin/


「領域横断」というのはまさに「言うは易く行うは難し」の難事です。研究科長の宮本陽一さんをはじめ、関係の皆さんのご健闘をお祈りします。負けないで!










閲覧数:223回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年9月28日付の朝日新聞 EduAに「都立高校入試スピーキングの不可解 --- 都スピーキンテストは「アチーブメントテストとしても入試としてもダメ。5億円の無駄づかい」 英語教育専門家の保護者」と題した記事が掲載されました。都スピーキングテスト(ESAT-J、イーサット・ジェイ)の問題をずっと取材し、一連の優れた記事を書いてきた、石田かおるさんと山下知子さんの署名記事です。 https:/

先日の東京都議会文教委員会で、先日の東京都議会文教委員会で、ESAT-Jによる学校現場の混乱についてアオヤギ有希子議員が都教委に質問した際、「混乱しているとは認識していない」という回答がありました。この回答に、《それは現場の声とは違う!》と怒りを感じた先生たちも少なくないようです。たくさんメールをいただきました。中でも、現在、中学3年生を担当する中学校の先生がこの点について詳しく書いてくれました。

取る【付記】末尾に「付記」を加えました。(09/18/2022) 東京都の英語スピーキングテスト(ESAT-J)の試験監督求人広告が出ていると知人から教えられました。バイト情報サイト「バイトル関東」に載っている求人広告です。 https://bit.ly/3LhCwmk (以下の引用は2022年9月16日21時50分閲覧の画面からのものです。) 「学校や家庭との両立◎履歴書不要!友達同士OK」、ま