小学校英語活動—すばらしい実践報告の書

最終更新: 3月21日


この本は公立小学校の5年生、6年生に英語を教えることを依頼された、ある民間人の実践記録です。小学校での英語活動を地域の英語の使い手に手伝ってもらうという試みは珍しくありません。しかし、英語が使えればだれでも英語活動の手伝いができるかというとそういうわけではありません。英語に堪能な人は自分流の学習法を絶対のものと信じてしまうことがよくあります。自分流を小学生に押しつけた結果、小学生を英語嫌いにしてしまったという悲劇も一度ならず耳にしました。

著者の山本由美子さんは大学院修士課程で英文学を専攻した後、大学で非常勤講師として英語を教えた経験をお持ちです。その後、本の校正のお仕事などをなさっていました。また、同じ大学出身のお連れ合いもイギリス演劇の専門家で、大学の先生をなさっています。つまり、おふたりとも英語のプロなのです。この本の中で紹介されている試み(「ワイワイ・メソッド」)はこのおふたりの共同プロジェクトと言って差し支えないと思います。ワイワイ・メソッドはわたくしが小学校英語活動の枠内で展開できる最適解と考えているところに非常に近いものです。

ワイワイ・メソッドの重要な特徴として、

1 とりあげる英語(語彙や構造)を最小限に留める。 2 急がず、ゆっくりと、繰り返し練習する。

という2点があります。山本さんは子どもたちの習熟ということを念頭にこのやり方を考え出しましたが、これは英語が堪能でない学級担任が主導する場合にも有効な方法です。最小限に留めた範囲での英語をALTや補助員の力を借りて、練習しておけばよいからです。

さらに、

3 コミュニケーションの観点から自然な状況を作りだし、自然な英語の運用を訓練する。

という特徴もあります。ことばは教室に持ち込まれた瞬間に「死んでしまう」ことが多いのですが、山本さんはできるだけ生きた形か、あるいは、生きた形に近い形で、子どもたちに英語を運用させようと工夫を凝らしています。英語活動の目的が「コミュニケーション能力の素地を育む」ということにあるということをきちんと認識すれば、この3の特徴は不可欠と言えます。

しかし、ワイワイ・メソッドはだれにでも使えるというものではありません。山本実践では、まず、山本夫妻の英語に対する理解とことばに関連する深い教養がその支えになっています。また、山本実践では2人のALTが重要な役割を果たしていますが、ALTは育てていくものです。英語の話者であれば、だれでもよいALTになれるというものではありません。立派なALTを育てたのは山本夫妻の力量以外のなにものでもありません。

《なあんだ、やっぱり、小学校英語活動はだれにでもできるというものではないんだ!》と落胆する必要はありません。ワイワイ・メソッドの中でさほど表に出てきていない、子どもたちの母語の力、そして、学級担任の母語の力、これを利用すればよいのです。

もうおわかりでしょう。わたくしが提唱している、ことばへの気づきを基盤としたことば活動とワイワイ・メソッドはとても相性がいいのです。子どもと学級担任の母語の力を利用して、ことばへの気づきを育てる。その過程で、最小限の英語を導入し、英語活動としての形を整えればよいのです。

この本をお読みになると、小学校英語活動が本来あるべき姿がどんなものであるかを理解することができます。「コミュニケーション能力の素地を育む」と言いながら、いつのまにか「スキル(運用能力)を育む」ことになってしまっている実践者はこの本から非常に多くのことを学ぶことができるはずです。 (大津由紀雄)

#本の紹介 #英語教育 #言語教育

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

よいお年をお迎えください

いよいよ大晦日となりました。我が家ではまもなく研究室関係者や元関係者が集まって、恒例の年越しパーティが開かれます。お昼からビジネスミーティングをやって、3時ごろから、新年が明けるまでわいわいがやがやと騒ぎます。 24日に香港から戻って、留守中、たまった仕事をかたずけていたら、年内にアップしようと思っていた記事を書く時間が無くなってしまいました。メモ代わりに、書く予定の記事を列挙しますと、 1 南山

「きょうは話題の元暴走族リーダーも来てます」の落ちを言語学的に説明しなさい。

所用があって、香港中文大學(Chinese University of Hong Kong)へ来ています。けさ、ネットで日本の新聞のサイトを閲覧していたところ、スポニチに以下の記事を見つけました。 — 映画「仮面ライダー×仮面ライダーオーズ&ダブル feat・スカル MOVIE大戦CORE」の初日舞台あいさつでは、出演者の山本太郎(36)が宇梶剛士(48)を見ながら「きょうは話題の元暴走族リーダー

2010年度 プロジェクト言語教育 経過報告

諸々の事情により、しばらく更新が滞っておりましたが、プロジェクト言語教育(以下PLTと略)は今年度も引き続き活動を続けています。 本年度のPLTでは、 (1)PLTで構想されている言語教育の具体化 (2)小学校外国語活動の混乱の沈静化 という2つの目的を同時に実現するべく、小学校外国語活動用教材の作成を主な目標として活動が展開されています。そのため、今年度からはPLTメンバーに加え、小学校で実際に

​コミュニティ

 ブログ

 フォーラム

  • Facebook

© Copyright 2020 by General Incorporated Association Kotobanokyoiku