平田聡・嶋田珠巳『時間はなぜあるのか?』


この4月に刊行された、平田聡・嶋田珠巳『時間はなぜあるのか?---チンパンジー学者と言語学者の探検』ミネルヴァ書房の大きな広告が5月14日の朝日新聞朝刊書評ページに載りました。

https://amzn.to/3PjusmC


平田さんは京都大学野生動物研究センター教授で、『仲間とかかわる心の進化---チンパンジーの社会的知性』(岩波書店)など、チンパンジーの社会的知性や社会的行動などに関する研究業績を持った研究者です。嶋田さんは明海大学外国語学部教授で、『英語という選択---アイルランドの今』(岩波書店)をはじめ、言語接触などに関する研究業績を持つ研究者です。


ご承知のように、「時間」は古くから哲学的考察の対象とされ、現在では、哲学のみならず、比較認知科学や言語学を含む、多くの分野で研究され、興味深い成果がたくさん上がっています。この本は、ある大型研究プロジェクトで知り合った2人の研究者が「時間」という、得体のしれない難問に立ち向かい、共同研究を行った成果の一端をまとめたものです。


「得体のしれない難問に立ち向かい」と書きましたが、読者は構える必要はありません。200ページをわずかに超える比較的小さな本です。表紙もなかなかしゃれていますし、肝心の本文もとてもわかりやすく書かれています。わたくしのお気に入りは2人の対話を記録した第5章です。気負うことなく、お互いの語りを楽しみながらの会話は読んでいて心弾む思いがします。


個人的な趣味としては、静かな木陰で紅茶を飲みながらゆっくりとページをめくっていく、そんな読み方がよく似合う本です。実際、わたくしも5月の連休にそんな風にこの本を楽しみました。


なお、嶋田さんには、嶋田珠巳・鍛冶広真編著『時間と言語』(三省堂、2021年)という編著書もあります。『時間はなぜあるのか?』を読み終わって、ことばと時間の問題に関心を覚えたようでしたら、この本を読んでください。


そうそう、お気づきになりました?冒頭でご紹介した、朝日新聞の広告ですが、この本の脇にちょっと小さめではありますが、わたくしがだいぶ前に編んだ『はじめて学ぶ言語学』という本も紹介されています。大学での入門講義の教科書などとして多くの方々に読んでもらっています。

閲覧数:105回0件のコメント

最新記事

すべて表示

何度かご案内した、当一般社団法人主催の「都立高校入試利用の英語スピーキングテストについて考えよう!」があさって6月25日(土曜日)に開催されます。すでに多数の申し込みをいただいていますが、より多くの方々にご参加いただきたく、改めてご案内いたします。 申し込み方法などについては下記のサイトをご参照ください。 https://bit.ly/3tVSs6k オンライン参加の場合、申し込みは実名でしていた

過日お知らせしました日本英語教育史学会での田崎清忠先生のご講演(2022年5月14日)ですが、その記録動画が同学会よりYouTubeにて限定配信されています。 学会員でなくても視聴できますが、まず以下にアクセスし、視聴希望を学会に伝えてください。 http://www.hiset.jp/ ご講演当日、拝聴後にアンケートにこう記しました。 --- 内容豊かで,学ぶところがたくさんありました。また,先

朝日新聞 EduA(エデュア)教育応援メールマガジン【エドマガ】の2022年6月10日号が配信されました。編集長の山下知子さんの文章が掲載されています。ご本人の了解を得て、ここに転載します。 朝日新聞 EduA(エデュア)はこれまでにも東京都の英語スピーキングテスト(ESAT-J)の問題を何度も取り上げてきました。山下さんの「モヤモヤ」感は受験生にも、保護者にも、先生たちにも広く共有されているもの