top of page

春を楽しむ(その1)

あいかわらず多忙な日々が続いていますが、マスクが必須ではなくなった今年は春を大いに楽しんでいます。


先週の土曜日、2023年3月25日(土曜日)に関西新英研の学分会(まなぶんかい)の花見があるとの情報を受け、江利川春雄さんとの英語教育に関する意見交換の機会を利用し、参加することにしました。


学分会は2022年秋に発足したばかりの、外国語教育の研究と実践交流を行う有志による学びのサークルで、若手・中堅を中心に型にはまらないさまざまな活動を展開しています。わたくしも昨年の新英研和歌山大会をきっかけに、この会の中心メンバーと親しくなり、要請を受けて(江利川春雄さんとともに)顧問を引き受けています。

https://bit.ly/42OrVre


今回は大西里奈さんの先導で大阪城公園での花見が企画されました。ところが、その数日前辺りから天気が怪しくなり、予報も日替わり状態になっていました。大阪城公園の有料BBQエリアでの花見ということで、雨天とあらば、それをキャンセルし、屋内での鍋パーティに切り替えるという段取りです。BBQエリアのキャンセル料発生のぎりぎりのタイミングまで待ち、エイヤー!とばかりに、大西さんが決行を決めました。


なんと当日は曇りながら雨はなし。桜は5分から8分咲き。おまけに、雨を見込んで予定を変更した人たちも多かったからかほどほどの賑わいで、絶好のおぜん立てです。


あとは駄文を連ねるより、写真を見ていただきましょう。まずは、JR大阪城公園駅に集合した後、大阪城エリアを1時間ほど散策。BBQエリアに移動し、肉が焼け始めた頃合いを見計らって乾杯。この日のために送っておいた新潟長岡の名酒吉乃川1升瓶2本も花を添えます。歓談中も学分会やそのメンバーの将来のことを論じるなど、吞んだくれていただけではありません。






3時間はあっという間に経過しました。東からやってきた大津にディープな大阪を味わう機会を与えようということで、鶴橋に移動。ここでもまた呑めや歌えや、いや、呑めや食らえやの楽しいひとときとなりました。












次回学分会は5月13日(土曜日)の15時からです。この会にも参加予定です。場所は天王寺ですので会の後のお楽しみもあるはずです。おっ、この「ので」は誤用に近いかな。

閲覧数:420回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Noam Chomskyさんの近況

Noam Chomskyさんは1928年12月7日の生まれですから、現在95歳です。ネット上には言語理論や社会・政治に関するおびただしい数の彼の動画が公開されていることはご存知の方も多いと思います。ところが、昨年あたりから新規投稿される動画の数が急に減ってしまいました。ことに、ハマス、イスラエルを巡る状況が悪化する中、そのことに違和感を感じる向きも少なくないと思います。 そんな状況になると怖いのが

Commentaires


bottom of page