東京言語研究所の諸活動

最終更新: 3月21日

西新宿の東京言語研究所での諸活動について報告とお知らせです。

まず、秋期講座「教師のためのことばワークショップ」が2010年11月6日(土曜日)と7日(日曜日)の両日開催されました。「教師のための」は昨年度の夏期講座に続く企画で、今回はつぎの講師陣とトピックで行われました。

「ことば・この不思議なもの」:池上 嘉彦(昭和女子大学教授・東京大学名誉教授) 「音声の面白さ」:上野善道(東京大学名誉教授) 「心からみたことば」:大津由紀雄(慶應義塾大学教授) 先生方にとっては都合のつけにくい時期の開催となってしまい、事実、受講者数も昨年度を下回ってしまいましたが、その分、講師と受講者間のやりとりにきちんと時間がとれて、好評でした。また、第一日目の講義のあと、懇親会があり、事務局の大矢さん、杉沢さんの巧みな話芸で、大いに盛り上がりました。この企画はぜひ来年度以降も続けたいと思います。 年が明けてからの話ですが、2月26日(土曜日)の午後、今年度第4回目の公開講座が開かれます。講師は岩田誠先生で、演題は「言葉を操る脳の仕組み」です。ご存知のかたも多いかと思いますが、岩田先生は東京大学や東京女子医科大学で、失語症をはじめ、ことばと脳に関連するご研究を重ねられました。 3月には集中講義があります。26日(土曜日)と27日(日曜日)の2日間で、講師は名古屋大学の大名力(おおなつとむ)さんです。講義題目は 「文法研究とコーパスデータ」です。大名さんは先日開催された日本英語学会の大会でもコーパスに関するシンポジウムを主宰され、学界に重要な貢献をされました。 公開講座、集中講義とも、なかなかない機会ですので、ぜひご参加ください。

#イベント #英語教育 #言語の認知科学 #講義

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

よいお年をお迎えください

いよいよ大晦日となりました。我が家ではまもなく研究室関係者や元関係者が集まって、恒例の年越しパーティが開かれます。お昼からビジネスミーティングをやって、3時ごろから、新年が明けるまでわいわいがやがやと騒ぎます。 24日に香港から戻って、留守中、たまった仕事をかたずけていたら、年内にアップしようと思っていた記事を書く時間が無くなってしまいました。メモ代わりに、書く予定の記事を列挙しますと、 1 南山

「きょうは話題の元暴走族リーダーも来てます」の落ちを言語学的に説明しなさい。

所用があって、香港中文大學(Chinese University of Hong Kong)へ来ています。けさ、ネットで日本の新聞のサイトを閲覧していたところ、スポニチに以下の記事を見つけました。 — 映画「仮面ライダー×仮面ライダーオーズ&ダブル feat・スカル MOVIE大戦CORE」の初日舞台あいさつでは、出演者の山本太郎(36)が宇梶剛士(48)を見ながら「きょうは話題の元暴走族リーダー

2010年度 プロジェクト言語教育 経過報告

諸々の事情により、しばらく更新が滞っておりましたが、プロジェクト言語教育(以下PLTと略)は今年度も引き続き活動を続けています。 本年度のPLTでは、 (1)PLTで構想されている言語教育の具体化 (2)小学校外国語活動の混乱の沈静化 という2つの目的を同時に実現するべく、小学校外国語活動用教材の作成を主な目標として活動が展開されています。そのため、今年度からはPLTメンバーに加え、小学校で実際に

​コミュニティ

 ブログ

 フォーラム

  • Facebook

© Copyright 2020 by General Incorporated Association Kotobanokyoiku