東京言語研究所理論言語学講座オンラインガイダンスのことなど

先日ご案内した、東京言語研究所理論言語学講座後期講座のオンラインガイダンスなどについてお知らせします。詳細は研究所のウェブサイトを参照してください。

https://www.tokyo-gengo.gr.jp/

まず、講義形式ですが、いまのところ、対面形式とオンライン形式の併用(教室へ来られる受講生は教室で受講し、それ以外の受講生はオンラインで受講する)を予定していますが、新型コロナ状況の変化次第では、オンライン形式のみとなる場合もあります。この点については9月はじめに確定させる予定です。

いずれにせよ、オンライン形式が組み込まれることは確定ですので、これまでは理論言語学講座を受講しにくかった(海外を含む)遠隔地のかたも受講可能です。

関連して、後期講座オンラインガイダンスを開催することになりました。各課目の紹介を担当講師が行います。日時は以下のとおりです。

9月13日(日)11:00-12:30

事前申込制で、上記の研究所ウェブサイトから申し込みができます。オンラインガイダンスは受講を検討中の方も参加できます。

後期の日程ですが、9月28日(月)の週から始まり、祭日除く計10回です。時間は、  19:00~20:40です。時間割は以下のとおりです。

わたくしは「言語学入門」と「言語学特殊講義---ことばへの気づき」を担当いたします。いずれも前提とする知識や技能はありません。好奇心だけが必要な要件です。それぞれの概要も研究所のウェブサイトに掲載してあります。

この機会にみなさんとお目にかかれることを楽しみにしています。

この件について個別に質問がある場合は遠慮なくメールにてご連絡ください。oyukio[@]sfc.keio.ac.jp(使用に際しては、@の前後の[]を削除してください。)

169回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ネタ帳に追加

このところ、政治家のことばの軽さが目立ちます。「会食を目的にやっていない。意見交換を考えてやっている。全く無駄なことをしているわけではない」だなんていうのはその典型で、「会食」に謝って欲しい。 きちんと調べたわけではないので、断定はできませんが、いまの総理大臣の話の中には、「そうしたこと」「こうしたこと」という類の代用表現がとても多いように思います。その照応先がなんであるか、きちんと整理したうえで

東京言語研究所 春期講座と理論言語学講座

早々と今年度の春期講座と理論言語学講座の開催要項、時間割、講義概要などが東京言語研究所のサイトに掲載されています。 https://www.tokyo-gengo.gr.jp/ (上記が研究所のホームページで、そこから春期講座と理論言語学講座のページに進めます。) 春期講座はオンライン(+対面)講義で、4月17日(土曜日)と18日(日曜日)に開催されます。わたくしは18日の2限に「言語心理学」を講

2021年の年頭にあたり

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 昨年暮れに「言語教育時評」(いいずな書店サイト内)にアップしたのですが、豊橋市の公立小学校で英語イマージョンを始めたというニュースには衝撃を覚えました。 https://www.iizuna-shoten.com/column_book/english_immersion/ いまだにほんとうにそんなことが起きているのか信じられず、関

​コミュニティ

 ブログ

 フォーラム

  • Facebook

© Copyright 2020 by General Incorporated Association Kotobanokyoiku