東京言語研究所理論言語学講座オンライン(ZOOM)ガイダンスのお知らせ

5月から始まる理論言語学講座の課目紹介などがあります。また、今回は池上嘉彦先生による「言語研究の面白さ」のミニ講演も無料で視聴できます。

日時:4月24日(土)10:00-11:45

(リアルタイムの視聴のみ)


今年度、わたくしは前期の水曜日に「言語心理学(入門)」を講じます。総説の後、言語獲得と言語理解についてわかりやすくお話しします。言語学、心理学などについての予備知識は前提としません。今回はリモート形式になりますので、遠隔からの受講も可能です。興味のある方はぜひ受講してください。


【講義概要】

 認知科学の一分野としての言語心理学へ誘うことを目的とした講義です。言語心理学の全体像について解説した後、言語獲得と言語理解について、その意義、研究方法、これまでの研究成果、研究の現状、今後の課題などについて、できるだけわかりやすく説明します。毎回、講義後に「講義メモ」を配布します。また、進んだ探求を求める受講者のためには関連論文を配布します。

 言語獲得について: まわりの人たちが話すことばを模倣し、ときに、間違いを指摘されながら、母語を身につけていくイメージだけで子どもの言語獲得を捉えていると、大切な本質を見逃してしまうことになります。この機会に、言語獲得の奥深さを実感してみませんか。

 言語理解について: 「たけしからプレゼントをもらった静香からプレゼントをもらった和也からプレゼントをもらった泰子からプレゼントをもらった道雄からプレゼントをもらったたけし」はやたらと長い表現ですが、みんなが幸せになったことはすぐわかります。でも、「坊主が屏風に坊主が屏風に描いた坊主が屏風に描いた坊主が屏風に描いた坊主を描いた」と耳にしたら、どんな状況が思い描けますか。そこで、言語理解の仕組みを探ってみましょう。


理論言語学講座全体についての案内については https://www.tokyo-gengo.gr.jp/の該当箇所を、オンラインガイダンス申し込みについては https://bit.ly/3dzdgsu を参照してください。

106回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

制限的用法と非制限的用法

これまで作例の「国民に多大な負担を強いる消費税率の引き上げ」を使ってきましたが、これからは実例が使えます。 「NTTから接待を受けたことがあるか」。この問いに対する武田総務大臣の答弁に野党側が反発し、国会審議が中断し再開されませんでした。 「総務大臣はNTTから接待を受けたことはありますか」(立憲民主党 白眞勲参院議員) 「国民から疑念を抱かれるような会食会合、そうしたものに応じたことはございませ

直山木綿子視学官の講演動画

直山木綿子さんが「小学校英語教科化元年を振り返って — いま教員に求められる指導力とは」という演題で講演をしている動画がネット上に公開されています。文部科学省後援 2020年度 ELEC英語教育賞 授与式に続く、特別講演です。です。授賞式、特別講演は2021年3月13日に行われたものです。直山さんの講演は43分ごろから始まります。 https://www.youtube.com/watch?v=p