top of page

東京言語研究所 公開講座 下條信輔さん

更新日:2021年6月29日

東京言語研究所では、「公開講座」と銘打ち、理論言語学と関連する領域の研究者をお招きし、最近の研究成果などをその領域の専門家以外の人にもわかりやすくお話ししていただく機会を設けています。


今回は知覚心理学、視覚科学、認知神経科学の領域を牽引する下條信輔さん(カリフォルニア工科大学教授)にお話をしていただきます。


いつもどおり、時間はゆったりと3時間とってあります。たくさんの皆さんのご参加をお待ちしています。


7月4日(日曜日)午前9時30分から午後12時30分まで(オンライン形式)

演題 潜在認知の現代〜情報テクノロジーと認知バイアス

参加費 2000円

申し込み締め切り 6月29日(火曜日)午前10時(すでに締め切りました。たくさんの申し込みをありがとうございました)

詳細は https://www.tokyo-gengo.gr.jp/ を参照してください。


講義要旨

 情報テクノロジーによって現代社会は変わった。ここでは認知神経科学の視点から、ヒトのこころと社会制度の間のひずみに目を向け、未来のための洞察を得る。まず最初に原発の安全神話や、コロナ禍の統計を巡る錯誤などの例からヒトの「認知のバイアス」を掘り下げる。

 次に最近話題の『反共感論』をとり上げ、マスメディアや政治のポピュリズム、情動的共感の非合理性と危険を指摘する。

 最後に現代人の心性を、時間軸上での健忘症化(過去)・近視眼化(未来)、また情報の軸上では情報実体化と、その裏返しのブラックボックス化といった点から特徴づける。ポピュリズム・情動政治やオルタファクト・フェイクなどが、分析の俎上に載せられる。

 これらの多様な事例を通して、「逆応用科学(Inverse Translational Science)」

のアプローチを例示する。



閲覧数:167回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ずいぶん前のことですが、ふとテレビを見ると歌手デビュー間もない小柳ルミ子が歌っていました。 歌の途中からだったのですが、「♪男だったら 泣いたりせずに 父さん 母さん 大事にしてね」という歌詞が耳に飛び込んできました。「瀬戸の花嫁」という新曲(山上路夫作詞)です。 すぐ《それにしても、ずいぶんと気の強い花嫁だなぁ》と思いました。嫁いでいくときに、父親に向かって、「男だろ!泣いてなんかいないで、母さ

1 最初の話題は東京都の英語スピーキングテスト(ESAT-J)の話題です。 Yahooニュースに転載されたTOKYO MXの2023年1月12日22時12分配信の記事によると、1月12日に開催された東京都教育委員会の定例会でもESAT-Jの今回の実施については「大きなトラブルはなかった」としていたということです。 この記事にはMXニュースの動画も添えられています。以前に紹介したすばらしいドキュメン

bottom of page