梶原しげるさんのブログ記事 「グローバリゼーション全盛時代に「入試に全員TOEFL受験」や「早期英語教育」に異を唱える大津先生の言葉に耳を傾けろ」

最終更新: 2020年3月20日


数週間前、文化放送の元アナウンサーで、現在はフリーのアナウンサーであると同時に、東京成徳大学客員教授でもある梶原しげるさんからご連絡をいただきました。会って意見交換がしたいというお申し出でした。そこで、先日、西新宿の東京言語研究所でお会いしました。そのときのことを中心に梶原さんが日経Bizアカデミーのご自身のブログ「梶原しげるの「プロのしゃべりのテクニック」」に記事として掲載してくださいました。 http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20140617/403076/?ST=career&P=1

梶原さんとは年齢もほぼ同じで、育ってきた社会環境がほぼ同じということもあり、すぐに打ち解けてお話することができました。しゃべりのプロを自認するだけあって、きちんと抑制のきいたお話しぶりで、わたくしにとっても貴重な体験となりました。

そのときは、そのあとに、東京言語研究所での講義が控えていたので、飲食をともにすることができませんでしたが、次回はぜひゆっくりと話し込んでみたいと願っています。

#英語教育インタビュー

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

​コミュニティ

 ブログ

 フォーラム

  • Facebook

© Copyright 2020 by General Incorporated Association Kotobanokyoiku