榊原洋一 『「脳科学」の壁』

最終更新: 3月21日


 昨年、榊原洋一さんの『脳科学と発達障害』を紹介しました。http://oyukio.blogspot.com/2008/07/blog-post_11.html

そのときも書きましたが、榊原さんは、東大病院の小児科医長を務められたあと、現在はお茶大の先生をされています。『子どもの脳の発達 臨界期・敏感期』(講談社+α新書)など、一般向けの良書も書いておられます。

 その榊原さんの最新著が『「脳科学」の壁』講談社+α新書です。副題は「脳機能イメージングで何が分かったのか」です。最初の部分で、脳や脳機能イメージングについての基礎的で、平明な解説があり、そのあとに「脳科学ブーム」への警告がきっちりと書いてあります。『ゲーム脳の恐怖』の恐怖も解明されています。「脳を鍛える」で有名になった先生の話も出てきます。ここまで書けば、勘の鋭い読者はもうお気づきですね。新書で、「~の壁」とくれば…?そう、あの先生の話も。

 こういう本はとても貴重だと思います。そんな本が880円で買えるのですから、ありがたいものです。多くの人にぜひ読んでもらいたいと思います。

#本の紹介

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

慶應義塾大学 言語教育シンポジウム 報告

院生の永井です。 去る12月19日に慶應義塾大学言語教育シンポジウムが開催されました。 シンポジウム当日まで申し込みが相次いだという事実と違わず、教室はほぼ満員の大盛況でした。 以下において、私なりにご報告をいたしますが、ハンドブックをお読みなればお分かりになることは割愛させていただき、今回のシンポジウムの目玉でもあった実践報告についてご紹介をしたいと思います。 ◆実践報告1 齋藤菊枝先生(埼玉県

慶應暮シンポ「「ことばの力を育む」授業の展開」

慶應暮シンポ「「ことばの力を育む」授業の展開―みんなで探ろう、小学校英語活動への対処法―」が昨日開催され、会場いっぱいの約300人の聴衆とともに熱っぽく議論が展開されました。 1時開始のシンポジウムが終了したのは7時に近い時刻でした。 詳しい報告はのちほど永井がいたしますが、とりあえず、わたくしが気づいた点を挙げておきます。 1 今回はこれまでのシンポジウムに比べて、小学校教員の参加者が大幅に増え

言語の起源と進化 京都国際セミナー

以下の案内が京大の藤田耕司さんから届きましたので、みなさんにもご案内します。12日はTCP(Tokyo Conference on Psycholinguistics)と重なってしまいますが、10、11日と京都で議論し、その足で12日からはTCPというのも粋だと思います。 そうそう、あすは日吉で言語教育のシンポジウムです。 2010年3月10-12日に京都で言語の起源と進化の国際セミナーJAIST

​コミュニティ

 ブログ

 フォーラム

  • Facebook

© Copyright 2020 by General Incorporated Association Kotobanokyoiku