池内正幸先生コロキアム

最終更新: 3月21日


院生の桃生(ものう)です。

18日(土)、津田塾大学の池内正幸先生を講師にお迎えし、言語学コロキアムが開かれました。

池内先生には、2008年10月のコロキアムで「言語の起源と進化‐研究の基礎から最近の動向まで」という題でお話いただきました。そこでの内容を受け、今回は「現代進化言語学の最近のトピックス」という題でお話いただきました。

言語機能の前駆体を発見することが、その進化的妥当性を高める上で重要なポイントとなる、という考えのもと、言語機能と、人間以外の動物がもつ性質や他の認知機能との間の類似点について議論が進められました。

明確な化石がなく、言語固有の性質に関して統一的見解もない中で、前駆体を見つけることは非常に難しいことです。さらに、何をもって「類似している」と言えるのかについては、充分な議論が必要です。しかしそのような中でも、脳容量、道具・文化の発達等との関連、さらには意外なところで類似点や手がかりが見つかっている、という内容は、とても興味深いものでした。

前回の講義では、「言語以外の数多くの分野で、言語の起源・進化について議論されている。生成文法学者は、他分野における議論を検討し、自身の研究成果を積極的に発信することが必要である。」というメッセージがありました。

その後約2年を経た今回の講義では「UGやI-languageについての理解は深まりつつある一方で、「言語」の詳細な定義に誤解があったり、生成文法学者による提案が一部で完全に否定されたりと、他分野との間に大きな垣根がある。そこを乗り越えなければ、今後の生産的議論は期待できない。」というメッセージになりました。

「超」学際的なテーマであることが、垣根を生む原因の一つとしてありますが、研究が少なからず動いているからこそ垣根が生じる、とも言えます。垣根が生じることで対立ポイントが明確になり、他分野の研究者と直接議論できる状況ができつつあるのだと感じました。

言語の起源・進化研究の最前線を垣間見れ、その魅力を改めて感じられる時間となりました。 池内先生、そしてお越しいただいた皆様、どうもありがとうございました。

なお、Evolangという言語進化に関する国際会議が2年に一度開催されていますが、2012年のEvolang 9は京都大学で開催される予定です。

#イベント #慶應言語学コロキアム #言語の認知科学

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

よいお年をお迎えください

いよいよ大晦日となりました。我が家ではまもなく研究室関係者や元関係者が集まって、恒例の年越しパーティが開かれます。お昼からビジネスミーティングをやって、3時ごろから、新年が明けるまでわいわいがやがやと騒ぎます。 24日に香港から戻って、留守中、たまった仕事をかたずけていたら、年内にアップしようと思っていた記事を書く時間が無くなってしまいました。メモ代わりに、書く予定の記事を列挙しますと、 1 南山

「きょうは話題の元暴走族リーダーも来てます」の落ちを言語学的に説明しなさい。

所用があって、香港中文大學(Chinese University of Hong Kong)へ来ています。けさ、ネットで日本の新聞のサイトを閲覧していたところ、スポニチに以下の記事を見つけました。 — 映画「仮面ライダー×仮面ライダーオーズ&ダブル feat・スカル MOVIE大戦CORE」の初日舞台あいさつでは、出演者の山本太郎(36)が宇梶剛士(48)を見ながら「きょうは話題の元暴走族リーダー

2010年度 プロジェクト言語教育 経過報告

諸々の事情により、しばらく更新が滞っておりましたが、プロジェクト言語教育(以下PLTと略)は今年度も引き続き活動を続けています。 本年度のPLTでは、 (1)PLTで構想されている言語教育の具体化 (2)小学校外国語活動の混乱の沈静化 という2つの目的を同時に実現するべく、小学校外国語活動用教材の作成を主な目標として活動が展開されています。そのため、今年度からはPLTメンバーに加え、小学校で実際に

​コミュニティ

 ブログ

 フォーラム

  • Facebook

© Copyright 2020 by General Incorporated Association Kotobanokyoiku