理論言語学講座のガイダンス、あさって(9月13日)です!

先日ご案内した、東京言語研究所理論言語学講座後期講座のオンラインガイダンス、いよいよあさってです!詳細は研究所のウェブサイトを参照してください。

https://www.tokyo-gengo.gr.jp/


各課目の紹介を担当講師が行います。日時は以下のとおりです。

9月13日(日)11:00-12:30

事前申込制で、上記の研究所ウェブサイトから申し込みができます。オンラインガイダンスは受講を検討中の方も参加できます。

講義形式ですが、オンライン形式となりました。すでに、多くのかたがオンライン形式の授業をする側、あるいは、受ける側で体験しておられることと思います。長所、短所、いろいろありますが、ここはごく優等生っぽく《できるだけその短所を補い、長所を活かして》という方針で工夫してみたいと思います。オンライン形式のなかでも、Zoomを使った(ある程度)双方向可能な授業ですので、受講者の皆さんからのフィードバックを大事にしたいと思います。


言うまでもなく、オンライン形式となったことで、これまでは理論言語学講座を受講しにくかった(海外を含む)遠隔地のかたも受講可能です。


オンラインだとか、Zoomだとかと言われると引けてしまうというかたもおいでかと思います。この点については東京言語研究所の事務スタッフができるだけの支援をいたしますので、不安なかたはお申し出ください。



閲覧数:146回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年9月28日付の朝日新聞 EduAに「都立高校入試スピーキングの不可解 --- 都スピーキンテストは「アチーブメントテストとしても入試としてもダメ。5億円の無駄づかい」 英語教育専門家の保護者」と題した記事が掲載されました。都スピーキングテスト(ESAT-J、イーサット・ジェイ)の問題をずっと取材し、一連の優れた記事を書いてきた、石田かおるさんと山下知子さんの署名記事です。 https:/

先日の東京都議会文教委員会で、先日の東京都議会文教委員会で、ESAT-Jによる学校現場の混乱についてアオヤギ有希子議員が都教委に質問した際、「混乱しているとは認識していない」という回答がありました。この回答に、《それは現場の声とは違う!》と怒りを感じた先生たちも少なくないようです。たくさんメールをいただきました。中でも、現在、中学3年生を担当する中学校の先生がこの点について詳しく書いてくれました。

取る【付記】末尾に「付記」を加えました。(09/18/2022) 東京都の英語スピーキングテスト(ESAT-J)の試験監督求人広告が出ていると知人から教えられました。バイト情報サイト「バイトル関東」に載っている求人広告です。 https://bit.ly/3LhCwmk (以下の引用は2022年9月16日21時50分閲覧の画面からのものです。) 「学校や家庭との両立◎履歴書不要!友達同士OK」、ま