生成文法の企て


チョムスキーのインタビューを収めた『生成文法の企て』(福井直樹・辻子美保子訳)の岩波現代文庫版が刊行されました。1980年前後に行われたインタビューと2002年に行われたインタビューを中心に、「訳者による序説」と「「生成文法の企て」の現在—岩波現代文庫版によせて」が収録されています。

もともと2003年に岩波書店から刊行されたハードカバー版の現代文庫入りという形ですが、今回新たに約20ページにわたる訳者による「「生成文法の企て」の現在—岩波現代文庫版によせて」という解説が加えられています。なお、本文の訳語についても検討が加えられているらしいのですが、わたくし自身ではまだ突合せをしていません。

「原著」(「原著」と単純に呼べない事情については389ページなどを参照)は生成文法プロジェクトのこころを正確に理解するための必須文献の一つである言ってよいのですが、今回、その「原著」を明快な日本語で読むことができ、しかも、比較的廉価(1480円)で入手できるようになったことはありがたい。加えて、本訳書の本体を包む形で配置された、訳者による二つの解説は生成文法へのいざないとして、また、生成文法の現状の評価として価値が高いものです。

もちろん、慣れない読者にとってはコーヒー片手に読むというわけにはいかないでしょうが、少し涼しくなってから、虫の音をききながら、じっくりと腰を据えて読むなら、たくさんの収穫が得られることは保証できます。

#本の紹介 #言語の認知科学

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

東京言語研究所 公開講座 下條信輔さん

東京言語研究所では、「公開講座」と銘打ち、理論言語学と関連する領域の研究者をお招きし、最近の研究成果などをその領域の専門家以外の人にもわかりやすくお話ししていただく機会を設けています。 今回は知覚心理学、視覚科学、認知神経科学の領域を牽引する下條信輔さん(カリフォルニア工科大学教授)にお話をしていただきます。 いつもどおり、時間はゆったりと3時間とってあります。たくさんの皆さんのご参加をお待ちして

言語教育動画シリーズの新規追加分

公開が少し遅れていました、言語教育動画シリーズの第16回から第20回までがアップされました。 https://www.iizuna-shoten.com/column_book-cat/movie/ 今回は5文型の話、科学をすることの楽しさの話、ことばへの気づきの話になります。 今回からYouTubeでも限定公開するそうです。「限定公開」の意味はたとえば https://news.mynavi.j

東京言語研究所理論言語学講座オンライン(ZOOM)ガイダンスのお知らせ

5月から始まる理論言語学講座の課目紹介などがあります。また、今回は池上嘉彦先生による「言語研究の面白さ」のミニ講演も無料で視聴できます。 日時:4月24日(土)10:00-11:45 (リアルタイムの視聴のみ) 今年度、わたくしは前期の水曜日に「言語心理学(入門)」を講じます。総説の後、言語獲得と言語理解についてわかりやすくお話しします。言語学、心理学などについての予備知識は前提としません。今回は