top of page

生成文法の企て


チョムスキーのインタビューを収めた『生成文法の企て』(福井直樹・辻子美保子訳)の岩波現代文庫版が刊行されました。1980年前後に行われたインタビューと2002年に行われたインタビューを中心に、「訳者による序説」と「「生成文法の企て」の現在—岩波現代文庫版によせて」が収録されています。

もともと2003年に岩波書店から刊行されたハードカバー版の現代文庫入りという形ですが、今回新たに約20ページにわたる訳者による「「生成文法の企て」の現在—岩波現代文庫版によせて」という解説が加えられています。なお、本文の訳語についても検討が加えられているらしいのですが、わたくし自身ではまだ突合せをしていません。

「原著」(「原著」と単純に呼べない事情については389ページなどを参照)は生成文法プロジェクトのこころを正確に理解するための必須文献の一つである言ってよいのですが、今回、その「原著」を明快な日本語で読むことができ、しかも、比較的廉価(1480円)で入手できるようになったことはありがたい。加えて、本訳書の本体を包む形で配置された、訳者による二つの解説は生成文法へのいざないとして、また、生成文法の現状の評価として価値が高いものです。

もちろん、慣れない読者にとってはコーヒー片手に読むというわけにはいかないでしょうが、少し涼しくなってから、虫の音をききながら、じっくりと腰を据えて読むなら、たくさんの収穫が得られることは保証できます。

#本の紹介 #言語の認知科学

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ずいぶん前のことですが、ふとテレビを見ると歌手デビュー間もない小柳ルミ子が歌っていました。 歌の途中からだったのですが、「♪男だったら 泣いたりせずに 父さん 母さん 大事にしてね」という歌詞が耳に飛び込んできました。「瀬戸の花嫁」という新曲(山上路夫作詞)です。 すぐ《それにしても、ずいぶんと気の強い花嫁だなぁ》と思いました。嫁いでいくときに、父親に向かって、「男だろ!泣いてなんかいないで、母さ

1 最初の話題は東京都の英語スピーキングテスト(ESAT-J)の話題です。 Yahooニュースに転載されたTOKYO MXの2023年1月12日22時12分配信の記事によると、1月12日に開催された東京都教育委員会の定例会でもESAT-Jの今回の実施については「大きなトラブルはなかった」としていたということです。 この記事にはMXニュースの動画も添えられています。以前に紹介したすばらしいドキュメン

bottom of page