発達障害・学習障害のある 子どもへの英語指導を考える

最終更新: 3月21日


「発達障害・学習障害のある子どもへの英語指導を考える」と題されたシンポジウムが「学び支援の会 第1回シンポジウム」として開催されます。

日取りなどは以下のとおりです。

2012年2月5日(日曜日) 10時から17時まで 神戸山手短期大学3号館

左に掲載したのはそのちらしで、プログラムなどはそちらを参照してください。

さらに詳しい情報を掲載したサイトがあり、そのURLは以下のとおりです。 http://www.manabishien-english.jp/

主催組織やシンポジウムの性格について十分に承知した上でのご紹介ではないのですが、発達障害や学習障害のある子どもにとっての外国語学習という問題は認知科学の視点からも、外国語教育政策の視点からも、きわめて重要です。参加するみなさんがどんな問題意識を持っているのか、ぜひ知りたいと思います。

多少高額な(3500円、事前申し込みなら3000円)参加費が気になります(学生や院生の参加希望者への割引があったらよかったのですが)が、実質的に個人基盤の組織が主催することを考えると仕方のないことと思います。

運よく、予定と予定のはざまで一日予定が空いているので、今後急に用務が入らない限り、わたくしも参加する予定です。いろいろと考える機会になりそうです。

0回の閲覧

​コミュニティ

 ブログ

 フォーラム

  • Facebook

© Copyright 2020 by General Incorporated Association Kotobanokyoiku