盟友 江利川春雄さんのご新著とその紹介記事

最終更新: 3月20日


もうお読みになった方も多いかと思いますが、きょうの朝日新聞の夕刊に、江利川春雄さんのご新著『英語教科書は<戦争>をどう教えてきたか』(研究社刊)の紹介記事が掲載されました。

ご承知のように、江利川春雄さんは英語教育史研究に風穴を開ける重要な研究成果を立て続けに発表してきました。近代日本の英語科教育史―職業系諸学校による英語教育の大衆化過程 』(2006年、東信社)、『日本人は英語をどう学んできたか 英語教育の社会文化史』(2008年、研究社)、『英語教育のポリティクス―競争から協同へ』(2009年、三友社)、『受験英語と日本人――入試問題と参考書からみる英語学習史』(2011年、研究社)など、英語教育史研究者だけでなく、英語や英語教育に関心を持つ人にぜひ読んでもらいたいものばかりです。 江利川さんは「はじめに」でこの本の目的を「日本の小学校や中等学校などの外国語教育(ほとんどは英語教育)において、<戦争を>どう教えてきたかを明らかにすること」と書いています。関連して、江利川さんは「学校教育において、英語などの外国語教育が若者をどう戦争に駆りたてたか」を解明する必要がある」とも書いています。つまり、英語教科書は戦争をどう教えてきたかという問題を単に過去の物語として語るのではなく、現代的問題を考えるための重要な視点の1つとして位置づけている。

「同じ過ちを繰り返さないためには、自分を安全圏に置いてはならない」という江利川さんのことばはまさにこの夏、大きな意味を以ってわたくしたちに迫ってきます。

#英語教育外国語教育

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

広大で小学校英語教育教員を募集しています

友人の難波博孝さん(広大、国語教育)から、広島大学大学院教育学研究科初等カリキュラム開発講座で小学校英語教育の教員を募集している旨、連絡をいただきました。重要なポストだと思いますので、広くお知らせいたします。 関連する情報は以下のサイトにあります。 http://www.hiroshima-u.ac.jp/upload/0/saiyo_syusyoku/kyoinkobo/20151015_kyo

言語教育関係の講演等予定

今年度内の講演予定のうち、言語教育に関するものについて4つほどご紹介します。 1  明海大学複言語・複文化教育センター本格始動直前記念シンポジウム 「英語教育と国語教育の連携を巡って」(第1報) 2016年2月27日(土曜日) 明海大学浦安キャンパス講義棟2102番教室(定員300人) 13:30 開会 13:30-13:40 開会式 13:40-14:10 導入講演 大津由紀雄(明海大学) 14

​コミュニティ

 ブログ

 フォーラム

  • Facebook

© Copyright 2020 by General Incorporated Association Kotobanokyoiku