直山木綿子視学官の講演動画

更新日:2021年3月18日

直山木綿子さんが「小学校英語教科化元年を振り返って — いま教員に求められる指導力とは」という演題で講演をしている動画がネット上に公開されています。文部科学省後援 2020年度 ELEC英語教育賞 授与式に続く、特別講演です。です。授賞式、特別講演は2021年3月13日に行われたものです。直山さんの講演は43分ごろから始まります。

https://www.youtube.com/watch?v=pEbT-X5pSZ0


途中で直山さん自身が語っているように、オンラインでの講演は聴衆の反応が確かめられないことが多いので、講演者は難儀をします。加えて、非常に包括的な演題ですので、限られた時間の中でかなり苦労して話している様子もうかがえます。そうはいうものの、全体として直山節は健在で、なかなか聞かせます。あ、念のために書き添えておきますが、彼女の分析や主張に賛成というわけではありませんからね。


さて、みなさんに、とくに小中高の先生方にお願いがあります。この講演を聴いての感想をお聞かせください。

oyukio[@]sfc.keio.ac.jp

(@を囲んでいる[と]は削除してください。)

宛にメールをお送りください。この10年間に先生方から1000通を越えるメールをいただいていますが、今回もぜひご感想をお聞かせください。お名前や勤務先などはお書きにならなくても結構ですが、校種だけは書き添えてください。もちろん、小中高の先生以外の方からのご感想も大歓迎です。


追伸 直山さん、かなりzoomを使い慣れていますね。画面共有の仕方も上手です。また、第二段落で触れた聴衆の反応のことですが、これもじつに巧みに話の中に埋め込んでいます。半分を少し過ぎた頃(動画時間だと1時間43分頃)、その話を持ち出します。「ひょっとすると寝てはるのとちゃうやんかとか、パソコンつけてはるが画面の前にいてはらへんちゃうか」(書き取りの正確さは保証しません。似非京都弁どす。)などと持ち出すのです。このタイミングが絶妙で、《うまいなぁ!》と感心します。

閲覧数:662回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年9月28日付の朝日新聞 EduAに「都立高校入試スピーキングの不可解 --- 都スピーキンテストは「アチーブメントテストとしても入試としてもダメ。5億円の無駄づかい」 英語教育専門家の保護者」と題した記事が掲載されました。都スピーキングテスト(ESAT-J、イーサット・ジェイ)の問題をずっと取材し、一連の優れた記事を書いてきた、石田かおるさんと山下知子さんの署名記事です。 https:/

先日の東京都議会文教委員会で、先日の東京都議会文教委員会で、ESAT-Jによる学校現場の混乱についてアオヤギ有希子議員が都教委に質問した際、「混乱しているとは認識していない」という回答がありました。この回答に、《それは現場の声とは違う!》と怒りを感じた先生たちも少なくないようです。たくさんメールをいただきました。中でも、現在、中学3年生を担当する中学校の先生がこの点について詳しく書いてくれました。

取る【付記】末尾に「付記」を加えました。(09/18/2022) 東京都の英語スピーキングテスト(ESAT-J)の試験監督求人広告が出ていると知人から教えられました。バイト情報サイト「バイトル関東」に載っている求人広告です。 https://bit.ly/3LhCwmk (以下の引用は2022年9月16日21時50分閲覧の画面からのものです。) 「学校や家庭との両立◎履歴書不要!友達同士OK」、ま