第4回教師のためのことばワークショップの情報

最終更新: 3月21日

既報のとおり、以下の要領で、第4回教師のためのことばワークショップを開催します。

主催:東京言語研究所 日程:2012年8月17日(金曜日)から19日(日曜日)まで 場所:青少年オリンピックセンター 講師:西山佑司、杉岡洋子、大津由紀雄 特別講演講師:田尻悟郎、尾上圭介 想定している参加者:小中高大の教員、教員を目指す学生・院生、教育とことばの問題に関心のある一般の方々

講義内容、参加費、申し込み受け付けについての情報の発表は後日です。関心のある方はとりあえず、上記期間の日程の調整をお願いします。

この企画も今回で第4回目になりますが、今回の特徴はつぎの点です。

1 これまでの参加者から希望が多かった、「講師たちと泊まり込みで交流したい」という希望に応えるため合宿形式をとる。

2 ことばについての知識を得るだけでなく、それをどのように日常の実践に結びつけるかを参加者に実感していただくために、講義内容をもとにした、教材作りワークショップを組み込んだ。

3 英語の観点から田尻悟郎、日本語(国語)の観点から尾上圭介の両氏に特別講演をお願いした。

なお、これまでのワークショップに参加された方が再参加されることを考慮し、講義内容はこれまでのものと重複しないよう配慮します。

これまでのワークショップの記録として、『ことばワークショップ—言語を再発見する』(開拓社)が刊行されています。折よく、『英語教育』(大修館書店)の1月号に書評が掲載されています。よろしければ、ご覧ください。なお、来年にはその続刊が刊行され、さらに、今回のワークショップの記録もそれに続く予定です。

「ことばと教育」というテーマの重要性が再認識されていますが、この機会に、ことばとその教育の専門家たちによることばの正体についての語りに耳を傾けてみてはいかがでしょうか。ほかのセミナーやワークショップでは得られない知的興奮が味わえるはずです。

【注】上の写真でわたくしがアロハを着て講義をしていますが、場所はもちろんハワイではなく、猛暑の西新宿です。

0回の閲覧

​コミュニティ

 ブログ

 フォーラム

  • Facebook

© Copyright 2020 by General Incorporated Association Kotobanokyoiku