-英語授業の原点とは何か-慶應義塾大学英語教育講演会 

最終更新: 3月21日

院生の永井です。

2009年8月12日(水)に、筑波大学付属中学校の久保野りえ先生を講師としてお招きし、英語教育(教授法)に関する集中講義をしていただきます。

久保野りえ先生は、日本でも有数の英語教育実践者で、数々の素晴らしいご実績をお持ちです。

今回の講演会は、これから英語教師を目指す方、ワンランク上の英語授業を目指す英語の先生方、または英語教育に広く関心のある方を対象として開催されます。

特に、 これから英語教師を目指そうとする学部生の方は、プロの英語授業を生で体感することができる貴重な機会ですので、ふるってご参加ください。

なお、今回の講演会にはもう一人特別ゲストがご参加予定です。

ぜひ当日をお楽しみに。

【慶 應 義 塾 大 学 英 語 教 育 講 演 会】

英語授業の原点とは何か - Harold E. Palmer と Oral Method -

講師:久保野 りえ (筑波大学附属中学校 教諭)

—久保野先生のご紹介———————————————- 比類ないその指導技術と、指導理論が評価され、2004年にパーマー賞をご受賞。 しっかりとした指導理論にもとづく英語授業の組み立てや、指導技術のレベルの高さは特に有名です。

※ パーマー賞は、外国語教育の改善・発展のために顕著な成果を収めた小学校、中学校、高等学校の個人の教師に贈呈されます。簡略して述べるなら、「英語教師」にとって最も名誉ある賞の一つであると言えるでしょう。 ——————————————————————

日時: 2009年8月12日(水) 午前10時より午後6時まで 場所: 慶應義塾大学日吉キャンパス  第4校舎 独立館3階 D301教室 参加費: 無料 ※ 但し、事前申し込み (Eメール) (満員になり次第、受付を終了させていただくことがあります。)

<プログラム概要> ● 受付9:30~

● 第Ⅰ部 (10:00 ~ 12:00) ・ Harold E. PalmerのOral Methodとは? ・ 講師によるデモンストレーション

● 第Ⅱ部 (13:00 ~ 15:20) ・ では実際に授業にどう生かすのか?

● 第Ⅲ部 (15:35 ~ 18:00) ・ 参加者による教科書を用いた演習 ・ 質疑応答

● 懇親会 (19:00 ~)

※お申込みはこちらから↓ —————————————————————— 1. 送信先:(慶應義塾大学 修士課程 永井 敦 ) 2. 件名欄に「英語教育講演会 参加 申し込み」と記入。 3. 本文欄にお名前、そして懇親会(費用は3000~4000円を予定)へ参加希望の方は「懇親会へ参加希望」とご記入いただき、上のアドレスへ(◆を@にして) ご送信ください。 ※お申込みが確認できましたら、こちらから「受領いたしました」との旨にてご連絡差し上げます。 ——————————————————————

#イベント #英語教育 #言語教育

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

慶應義塾大学 言語教育シンポジウム 報告

院生の永井です。 去る12月19日に慶應義塾大学言語教育シンポジウムが開催されました。 シンポジウム当日まで申し込みが相次いだという事実と違わず、教室はほぼ満員の大盛況でした。 以下において、私なりにご報告をいたしますが、ハンドブックをお読みなればお分かりになることは割愛させていただき、今回のシンポジウムの目玉でもあった実践報告についてご紹介をしたいと思います。 ◆実践報告1 齋藤菊枝先生(埼玉県

慶應暮シンポ「「ことばの力を育む」授業の展開」

慶應暮シンポ「「ことばの力を育む」授業の展開―みんなで探ろう、小学校英語活動への対処法―」が昨日開催され、会場いっぱいの約300人の聴衆とともに熱っぽく議論が展開されました。 1時開始のシンポジウムが終了したのは7時に近い時刻でした。 詳しい報告はのちほど永井がいたしますが、とりあえず、わたくしが気づいた点を挙げておきます。 1 今回はこれまでのシンポジウムに比べて、小学校教員の参加者が大幅に増え

言語の起源と進化 京都国際セミナー

以下の案内が京大の藤田耕司さんから届きましたので、みなさんにもご案内します。12日はTCP(Tokyo Conference on Psycholinguistics)と重なってしまいますが、10、11日と京都で議論し、その足で12日からはTCPというのも粋だと思います。 そうそう、あすは日吉で言語教育のシンポジウムです。 2010年3月10-12日に京都で言語の起源と進化の国際セミナーJAIST

​コミュニティ

 ブログ

 フォーラム

  • Facebook

© Copyright 2020 by General Incorporated Association Kotobanokyoiku