言語教育、ことしの暮れシンポ 第一報

最終更新: 3月21日

 ことしも年賀状や来年用のカレンダー・日記のことが気になり始める季節になりました。そして、この時期になると、「ことしも暮れシンポはあるんですよね」という問い合わせが届きます。あります!そこで、ことしの暮れシンポ第一報をお届けします。

◆ 慶應義塾大学 言語教育シンポジウム

「ことばの力を育む」授業の展開 ―みんなで探ろう、小学校英語活動への対処法― 主催 グローバルCOEプログラム「論理と感性の先端的教育研究拠点」 共催 Project Language Teaching (PLT) 、慶應義塾大学出版会 協賛 (財)ラボ国際交流センター

日時: 12月19日(土)13:00~18:00(予定) 場所: 慶應義塾大学 日吉キャンパス(注:三田ではありません) 独立館DB201(地下2F)

内容: 今回のシンポジウムでは、小学校での英語活動をどのように捉えたらよいのかを検討し、きちんとした理論的裏づけを前提にしたうえで、実践的な観点からさまざまな可能性を提示し、参加者にさまざまな体験をしていただくことを主な目的とします。小学校の先生方をはじめ、中高大の先生方、教育委員会などの関係者のみなさん、英語教育に関心をお持ちのみなさんに広くご参集いただき、叡智を結集して、英語活動への対処法を探ることにしたいと考えています。

プログラム: 第1部 基調講演 「小学校での英語活動とその実践を考える」 大津由紀雄 第2部 実践報告とワークショップ 登壇者: 齋藤菊枝、三森ゆりか、末岡敏明、森山卓郎、窪薗晴夫、寺尾康 第3部 全体討論

定員: 300名  参加費: 無料 事前申し込み: 必要です。申し込み方法は10月末頃、このブログ等で発表します。申し込み開始は11月1日で、定員に達し次第、締め切ります。

シンポジウムへの参加申し込みはこちら

#2009年言語教育シンポジウム #イベント #英語教育 #言語教育

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

慶應義塾大学 言語教育シンポジウム 報告

院生の永井です。 去る12月19日に慶應義塾大学言語教育シンポジウムが開催されました。 シンポジウム当日まで申し込みが相次いだという事実と違わず、教室はほぼ満員の大盛況でした。 以下において、私なりにご報告をいたしますが、ハンドブックをお読みなればお分かりになることは割愛させていただき、今回のシンポジウムの目玉でもあった実践報告についてご紹介をしたいと思います。 ◆実践報告1 齋藤菊枝先生(埼玉県

慶應暮シンポ「「ことばの力を育む」授業の展開」

慶應暮シンポ「「ことばの力を育む」授業の展開―みんなで探ろう、小学校英語活動への対処法―」が昨日開催され、会場いっぱいの約300人の聴衆とともに熱っぽく議論が展開されました。 1時開始のシンポジウムが終了したのは7時に近い時刻でした。 詳しい報告はのちほど永井がいたしますが、とりあえず、わたくしが気づいた点を挙げておきます。 1 今回はこれまでのシンポジウムに比べて、小学校教員の参加者が大幅に増え

言語の起源と進化 京都国際セミナー

以下の案内が京大の藤田耕司さんから届きましたので、みなさんにもご案内します。12日はTCP(Tokyo Conference on Psycholinguistics)と重なってしまいますが、10、11日と京都で議論し、その足で12日からはTCPというのも粋だと思います。 そうそう、あすは日吉で言語教育のシンポジウムです。 2010年3月10-12日に京都で言語の起源と進化の国際セミナーJAIST

​コミュニティ

 ブログ

 フォーラム

  • Facebook

© Copyright 2020 by General Incorporated Association Kotobanokyoiku