講演:「英語教師が知っておきたい,⾔語学と認知科学」

関東甲信越英語教育学会月例研究会で講演をいたします。

https://bit.ly/39C58EE


2021年10月2日(土) 16:00-18:00

Zoomを利⽤したオンライン開催


英語の先⽣には,⾔語学と認知科学の進展に⽬配りを怠らないでいただきたいと願っています。しかし,両分野の近年の⾼度な「専⾨化」により,先⽣がたにとってその敷居は⾮常に⾼くなってしまいました。この講演では,両分野における重要な考え⽅と概念をできるだけわかりやすく解説します。英語以外の⾔語の教育に関わる先⽣がたにも参考になるはずです。


① 対象︓英語教育に関⼼のある⽅

② 参加費︓無料(会員・⾮会員問わず)

③ 申込み︓下記URLもしくはQRコードからお申し込みください.

  https://is.gd/qj8iij

④ 締切り︓2021年10⽉2⽇(⼟)正午

閲覧数:573回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日、「東京都の「英語スピーキングテスト(ESAT-J)」が抱える本質的問題(その1)、(その2)」と題するエッセイを掲載しました。 https://bit.ly/3w7O97Z https://bit.ly/383hQPC それぞれ、それなりの長さがあるので、今回は短く、その「ツボ」といったところを書いておきたいと思います。 「その1」に関係する基本文書は「中学校英語スピーキングテスト(ESAT

東京都の「英語スピーキングテスト(ESAT-J)」が抱える本質的問題(その2) 大津由紀雄 2022年5月4日 「その1」に引き続き、都立高校入試に利用される、東京都の「英語スピーキングテスト(以下、ESAT-J。English Speaking Achievement Test for Junior High School Studentsの略称で、「イー・サット・ジェイ」と読みます)」が抱える