鬼も笑わぬ、確定した予定

最終更新: 3月20日

【1】 第18回英語教育総合学会 日時:1月25日(土)13:00-17:00 場所:四天王寺大学6号館6-253教室

シンポジウム 日本の英語教育をどうするか ―民間試験活用の誤謬―


「民間試験を課せば英語が話せるのか ―言語差と脳内処理が壁―」 

成田一(大阪大学名誉教授) 「英語教育と民間試験の「借用」」  

蔦田和美(関西外国語大学) 「官邸主導の英語教育政策を問い直す」

江利川春雄(和歌山大学) 「今こそ、「ことば」の教育を!」

大津由紀雄(慶應義塾大学名誉教授) 全体討論 参加費:1000円、どなたでも参加可能。シンポジウム詳細は本学会のHPを参照。 連絡/問い合わせ 事務局 orchid-e [AT] kcc.zaq.ne.jp

わたくしの話は民間試験関連の話というより、これからに向けた話です。せいぜい、鬼に笑われないようにします。

【2】

ちょっと気が早い話ですが、

2020年度 東京言語研究所春期講座 日時:2020年4月18日(土)、19日(日) 

各日 10:00~17:00

予定場所:新宿周辺(1月中旬に決定)

受講料:1日のみ  5,500円 両日参加 11,000円申込方法:

※ 2020年3月2日(月)より受付開始

時間割など詳しくは

https://www.tokyo-gengo.gr.jp/pdf/2020_spring.pdf

【3】

2020年度 東京言語研究所理論言語学講座

前期: 5月11日(月)より祭日除く計10回 (各回 19:00~20:40)


夏期集中:

言語哲学入門(野矢茂樹)8月14日(金)~16日(日)

日本語文法と一般言語理論(三宅知宏)8月21日(金)~23日(日)


後期: 9月28日(月)より祭日除く計10回 (各回 19:00~20:40)

概要など詳しくは

https://www.tokyo-gengo.gr.jp/pdf/2020__pamph.pdf

わたくしは、前期に「言語学特殊講義—言語心理学の古典の再評価」、後期に「言語学入門」を担当します。「言語学特殊講義」では「古典から言語心理学(psycholinguistics)の現代的課題を考える」と題して講義します。 前半(言語獲得)は Carol Chomsky. 1969. The acquisition of syntax in children from 5 to 10. MIT Pressを、後半(言語理解)はJohn Kimball. 1973. “Seven principles of surface structure parsing in natural language.” Cognition 2, 1, 15-47 を議論の出発点とします。理論言語学に関する知識は できるだけ前提とせず、わかりやすく講義をします。受講にあたって大切な のは知的好奇心です。








#英語教育言語教育言語心理学認知科学

4回の閲覧

最新記事

すべて表示

東京言語研究所公開講座  南風原朝和さん 大学入試改革・教育改革の中の「ことば」

下記のとおり、東京言語研究所2019年度第3回公開講座を開催いたします。 今回は教育改革・大学入試改革について積極的に発言を続けられてきた南風原朝和さんをお招きして、さまざまな角度からお話をしていただきます。 いつも以上に時間をとってあります。南風原さんのお話の後、わたくしも少しだけ話をさせていただき、その後、全員で討論したいと思います。講義概要は以下のウェブページに掲載されています。 https

​コミュニティ

 ブログ

 フォーラム

  • Facebook

© Copyright 2020 by General Incorporated Association Kotobanokyoiku