2021年度 教師のためのことばセミナーのご案内 (日曜午前講座)

東京言語研究所では過去9回にわたり、「ことばへの気づき」を基盤として、「教師のためのことばワークショップ」を開催してきました。この考えが現行の学習指導要領にも取り込まれたことを受け、今回は「教師のためのことばセミナー」として、「ことばへの気づき」に関する講義と討論を実施することにしました。なお、新型コロナ状況を考慮し、開催形態はZoomを利用したオンライン形式を採ることにいたします。受講者としては、小中高の先生、教員志望者、大学生、大学院生、大学教員、社会人など、いろいろなタイプの方々を想定しています。「教師のための」と銘打っていますが、教育関係者でないかたの受講も大歓迎いたします。なお、言語学・認知科学などに関する専門的知識は前提としません。


開催日:10月17日,31日/11月14日,28日/12月19日 (全5回)

時間:各日 AM10:00 ~ 12:00受講形式:ZOOMによるオンライン講義


講師:

大津 由紀雄 (関西大学客員教授) 磯部 美和 (山梨大学) 五十嵐 美加 (東洋英和女学院大学) 向後 朋美 (十文字学園女子大学) 大山 万容 (立命館大学)


講義概要については、https://www.tokyo-gengo.gr.jp/から「東京言語研究所」のHPへ入って、「ことばセミナー」の部分へ移っていただくと、「講義概要」のページに移れるようになっています。


受講料:全5回 12,500円(税込) ※ 1日単位の申込受付は行っておりません。


申込受付:9月1日(水) AM10時 ~ 10月8日(金) AM10時まで

閲覧数:189回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年9月28日付の朝日新聞 EduAに「都立高校入試スピーキングの不可解 --- 都スピーキンテストは「アチーブメントテストとしても入試としてもダメ。5億円の無駄づかい」 英語教育専門家の保護者」と題した記事が掲載されました。都スピーキングテスト(ESAT-J、イーサット・ジェイ)の問題をずっと取材し、一連の優れた記事を書いてきた、石田かおるさんと山下知子さんの署名記事です。 https:/

先日の東京都議会文教委員会で、先日の東京都議会文教委員会で、ESAT-Jによる学校現場の混乱についてアオヤギ有希子議員が都教委に質問した際、「混乱しているとは認識していない」という回答がありました。この回答に、《それは現場の声とは違う!》と怒りを感じた先生たちも少なくないようです。たくさんメールをいただきました。中でも、現在、中学3年生を担当する中学校の先生がこの点について詳しく書いてくれました。

取る【付記】末尾に「付記」を加えました。(09/18/2022) 東京都の英語スピーキングテスト(ESAT-J)の試験監督求人広告が出ていると知人から教えられました。バイト情報サイト「バイトル関東」に載っている求人広告です。 https://bit.ly/3LhCwmk (以下の引用は2022年9月16日21時50分閲覧の画面からのものです。) 「学校や家庭との両立◎履歴書不要!友達同士OK」、ま