近況報告

 しばらく間が空いてしまいました。新型コロナ状況下でなかなか生活のリズムを一定に保つのが大変です。端的に近況をご報告いたします。


1 関西大学大学院での講義のため、隔週、千里山へ出かけています。前期はオンラインを余儀なくされましたが、後期はようやく対面講義が叶い、楽しく講義をしています。講義は夜なので、その晩は大阪に泊まります。新型コロナがなければ大阪の夜を楽しむことができるのですが、その楽しみは先延ばしです。

 ただ、大阪も、東京も状況が悪化しているので、次回(来週)はどうなるかわかりません。


2 理論言語学講座は今期、2課目を担当しています。「言語学入門」と「言語学特殊講義 ---ことばへの気づき」です。いずれもオンライン講義です。受講者が熱心なので、講義にも力が入ります。19時から18時40分までですが、定時に一応、講義本編を終え、そのあと、「延長戦」と称して19時ごろまでやりとりをします。「入門」「気づき」とも、こちらも学ぶところが多々あり、ありがたいことです。


 そんなわけで、現在は対面講義とオンライン講義の両方をやっています。何と言っても、対面講義は受講者の表情も確認できるし、板書も楽だし、講義そのものだけを考えるとオンラインを圧倒します。ただ、オンライン講義は講義者も、受講者も移動の時間がかからないこと、遠隔地(国外を含む)でも受講可能であること、さらには、教室での場合と比べ、オンラインなら発言しやすいことなど、これまたさまざまな利点があります。


 体験的には、オンライン講義の場合も一度は受講者と対面しておくと格段に講義しやすくなると感じます。


講義のほかにも、実験(新型コロナ状況下、これが一番難儀です)、原稿執筆、本の編集、講演など、忙しい日常を送っています。

187回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ネタ帳に追加

このところ、政治家のことばの軽さが目立ちます。「会食を目的にやっていない。意見交換を考えてやっている。全く無駄なことをしているわけではない」だなんていうのはその典型で、「会食」に謝って欲しい。 きちんと調べたわけではないので、断定はできませんが、いまの総理大臣の話の中には、「そうしたこと」「こうしたこと」という類の代用表現がとても多いように思います。その照応先がなんであるか、きちんと整理したうえで

東京言語研究所 春期講座と理論言語学講座

早々と今年度の春期講座と理論言語学講座の開催要項、時間割、講義概要などが東京言語研究所のサイトに掲載されています。 https://www.tokyo-gengo.gr.jp/ (上記が研究所のホームページで、そこから春期講座と理論言語学講座のページに進めます。) 春期講座はオンライン(+対面)講義で、4月17日(土曜日)と18日(日曜日)に開催されます。わたくしは18日の2限に「言語心理学」を講

2021年の年頭にあたり

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。 昨年暮れに「言語教育時評」(いいずな書店サイト内)にアップしたのですが、豊橋市の公立小学校で英語イマージョンを始めたというニュースには衝撃を覚えました。 https://www.iizuna-shoten.com/column_book/english_immersion/ いまだにほんとうにそんなことが起きているのか信じられず、関

​コミュニティ

 ブログ

 フォーラム

  • Facebook

© Copyright 2020 by General Incorporated Association Kotobanokyoiku