近況報告

 しばらく間が空いてしまいました。新型コロナ状況下でなかなか生活のリズムを一定に保つのが大変です。端的に近況をご報告いたします。


1 関西大学大学院での講義のため、隔週、千里山へ出かけています。前期はオンラインを余儀なくされましたが、後期はようやく対面講義が叶い、楽しく講義をしています。講義は夜なので、その晩は大阪に泊まります。新型コロナがなければ大阪の夜を楽しむことができるのですが、その楽しみは先延ばしです。

 ただ、大阪も、東京も状況が悪化しているので、次回(来週)はどうなるかわかりません。


2 理論言語学講座は今期、2課目を担当しています。「言語学入門」と「言語学特殊講義 ---ことばへの気づき」です。いずれもオンライン講義です。受講者が熱心なので、講義にも力が入ります。19時から18時40分までですが、定時に一応、講義本編を終え、そのあと、「延長戦」と称して19時ごろまでやりとりをします。「入門」「気づき」とも、こちらも学ぶところが多々あり、ありがたいことです。


 そんなわけで、現在は対面講義とオンライン講義の両方をやっています。何と言っても、対面講義は受講者の表情も確認できるし、板書も楽だし、講義そのものだけを考えるとオンラインを圧倒します。ただ、オンライン講義は講義者も、受講者も移動の時間がかからないこと、遠隔地(国外を含む)でも受講可能であること、さらには、教室での場合と比べ、オンラインなら発言しやすいことなど、これまたさまざまな利点があります。


 体験的には、オンライン講義の場合も一度は受講者と対面しておくと格段に講義しやすくなると感じます。


講義のほかにも、実験(新型コロナ状況下、これが一番難儀です)、原稿執筆、本の編集、講演など、忙しい日常を送っています。

269回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

講演:「英語教師が知っておきたい,⾔語学と認知科学」

関東甲信越英語教育学会月例研究会で講演をいたします。 https://bit.ly/39C58EE 2021年10月2日(土) 16:00-18:00 Zoomを利⽤したオンライン開催 英語の先⽣には,⾔語学と認知科学の進展に⽬配りを怠らないでいただきたいと願っています。しかし,両分野の近年の⾼度な「専⾨化」により,先⽣がたにとってその敷居は⾮常に⾼くなってしまいました。この講演では,両分野におけ

2021年度 教師のためのことばセミナーのご案内 (日曜午前講座)

東京言語研究所では過去9回にわたり、「ことばへの気づき」を基盤として、「教師のためのことばワークショップ」を開催してきました。この考えが現行の学習指導要領にも取り込まれたことを受け、今回は「教師のためのことばセミナー」として、「ことばへの気づき」に関する講義と討論を実施することにしました。なお、新型コロナ状況を考慮し、開催形態はZoomを利用したオンライン形式を採ることにいたします。受講者としては

大著2点