top of page

「仮のESAT-J結果」の求め方について南風原朝和さんから追加の文書をいただきました

「仮のESAT-J結果」の求め方について南風原朝和さんからいただいた(わたくしの質問に対する)回答書を昨日付でアップいたしました。


その後、東京都教育庁が発表した、「仮のESAT-J結果」の算出方法は都で一括して行うのではなく、各高校別に行うことが判明しました。それを受けて、南風原さんが追加の文書を用意してくださいました。以下に公開させていただきます。


末尾にある「結論」が重い!




閲覧数:1,053回0件のコメント

最新記事

すべて表示

名古屋大学の大名力(おおな・つとむ)さんと英語講師の松井孝志さんによる公開講座です。すでに申し込みは始まっているようなので、参加ご希望の方はお急ぎになったほうがよいと思います。講義内容を含め詳細情報は以下をご参照ください。 https://www.hum.nagoya-u.ac.jp/~ohna/koukaikouza2023/ 名古屋大学 人文学研究科 英語学 公開講座 「英語の発音と文字・綴り

bottom of page