top of page

「英語教育・日本人の対外発信力の改善に向けて」と題された「アクションプラン」について

「言語教育時評」に「「英語教育・日本人の対外発信力の改善に向けて」と題された「アクションプラン」について」という記事を掲載しました。

https://bit.ly/3AQ0dyq


8月13日付で「大津研ブログ」に「「英語教育・日本人の対外発信力の改善に向けて」(アクションプラン)について(その1)」と題した記事を掲載し、「(その2)」を準備していましたが、かなり長くなりましたので、「言語教育時評」に一括掲載することにいたしました。なお、いまのところ、ブラウザによっては太字などの表記が乱れるかもしれませんが、現在、調整中です。悪しからず。


閲覧数:84回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ずいぶん前のことですが、ふとテレビを見ると歌手デビュー間もない小柳ルミ子が歌っていました。 歌の途中からだったのですが、「♪男だったら 泣いたりせずに 父さん 母さん 大事にしてね」という歌詞が耳に飛び込んできました。「瀬戸の花嫁」という新曲(山上路夫作詞)です。 すぐ《それにしても、ずいぶんと気の強い花嫁だなぁ》と思いました。嫁いでいくときに、父親に向かって、「男だろ!泣いてなんかいないで、母さ

1 最初の話題は東京都の英語スピーキングテスト(ESAT-J)の話題です。 Yahooニュースに転載されたTOKYO MXの2023年1月12日22時12分配信の記事によると、1月12日に開催された東京都教育委員会の定例会でもESAT-Jの今回の実施については「大きなトラブルはなかった」としていたということです。 この記事にはMXニュースの動画も添えられています。以前に紹介したすばらしいドキュメン

bottom of page