top of page

江利川春雄さんの最終講義


3月28日(日曜日)の午後、和歌山大学教授の江利川春雄さんの最終講義が行われました。タイトルは「英語教育における協同学習の意義・方法・課題」で、講義会場には少数の「ゼミ生」が集まり、他はオンライン参加というハイブリッド方式が採られました。



午後2時に始まった講義はおよそ90分、そのあと、ゼミ生(旧ゼミ生を含む)からのビデオレター、お嬢さん(長女)からのスピーチと続き、そのあと、ディスカッションの時間が設けられました。中締めになったのが4時近くでした。さらに、そのあと、懇談の時間へと進み、名残惜しくも散会となったときには午後5時になっていました。


コロナ状況のため、普段の講義もオンライン形態を強いられることが多かった今年度ですが、今回採用されたハイプリッド方式はとてもよかったと思います。この方式ですと、聴衆の反応が講義者にもわかりやすく、また、講義者が対面参加者に語り掛けたりすることもできます。さらには、聴衆の生拍手も効果的で、オンライン参加者もその場にいるような気分になるこ


とができます。全体として、講義者にも、聴衆者にも益するところが多く、講義に生き生き感をもたらしてくれたと思います。


もう1つ、今回の最終講義は手作り感が強く、江利川さんのお人柄が自然に浮き出しになりました。京都外国語大学教授の相川真佐夫さんの司会は常に控えめでありながら、必要なかじ取りをじつに落ち着いてなさっていて、参加者が江利川さんの講義に酔いしれることができました。また、ゼミ生をはじめ、今回の最終講義の準備に尽力された方々のご苦労にも感謝したいと思います。ことに、ゼミ生からのビデオレターとお嬢さんのスピーチは感動的で、こちらが泣かされそうになりました。


講義の内容などについては、いいずな書店の「言語教育時評」に書きましたので、よろしければ、そちらもお読みください。

https://bit.ly/3fxmExY


江利川さん、お疲れさま。しかし、これで気を緩めることなく、これまでどおりのエネルギッシュな活動を続けてください。


(お写真は江利川さんのFacebookから拝借しました。)


閲覧数:678回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ずいぶん前のことですが、ふとテレビを見ると歌手デビュー間もない小柳ルミ子が歌っていました。 歌の途中からだったのですが、「♪男だったら 泣いたりせずに 父さん 母さん 大事にしてね」という歌詞が耳に飛び込んできました。「瀬戸の花嫁」という新曲(山上路夫作詞)です。 すぐ《それにしても、ずいぶんと気の強い花嫁だなぁ》と思いました。嫁いでいくときに、父親に向かって、「男だろ!泣いてなんかいないで、母さ

1 最初の話題は東京都の英語スピーキングテスト(ESAT-J)の話題です。 Yahooニュースに転載されたTOKYO MXの2023年1月12日22時12分配信の記事によると、1月12日に開催された東京都教育委員会の定例会でもESAT-Jの今回の実施については「大きなトラブルはなかった」としていたということです。 この記事にはMXニュースの動画も添えられています。以前に紹介したすばらしいドキュメン

bottom of page