江利川春雄さんの最終講義


3月28日(日曜日)の午後、和歌山大学教授の江利川春雄さんの最終講義が行われました。タイトルは「英語教育における協同学習の意義・方法・課題」で、講義会場には少数の「ゼミ生」が集まり、他はオンライン参加というハイブリッド方式が採られました。



午後2時に始まった講義はおよそ90分、そのあと、ゼミ生(旧ゼミ生を含む)からのビデオレター、お嬢さん(長女)からのスピーチと続き、そのあと、ディスカッションの時間が設けられました。中締めになったのが4時近くでした。さらに、そのあと、懇談の時間へと進み、名残惜しくも散会となったときには午後5時になっていました。


コロナ状況のため、普段の講義もオンライン形態を強いられることが多かった今年度ですが、今回採用されたハイプリッド方式はとてもよかったと思います。この方式ですと、聴衆の反応が講義者にもわかりやすく、また、講義者が対面参加者に語り掛けたりすることもできます。さらには、聴衆の生拍手も効果的で、オンライン参加者もその場にいるような気分になるこ


とができます。全体として、講義者にも、聴衆者にも益するところが多く、講義に生き生き感をもたらしてくれたと思います。


もう1つ、今回の最終講義は手作り感が強く、江利川さんのお人柄が自然に浮き出しになりました。京都外国語大学教授の相川真佐夫さんの司会は常に控えめでありながら、必要なかじ取りをじつに落ち着いてなさっていて、参加者が江利川さんの講義に酔いしれることができました。また、ゼミ生をはじめ、今回の最終講義の準備に尽力された方々のご苦労にも感謝したいと思います。ことに、ゼミ生からのビデオレターとお嬢さんのスピーチは感動的で、こちらが泣かされそうになりました。


講義の内容などについては、いいずな書店の「言語教育時評」に書きましたので、よろしければ、そちらもお読みください。

https://bit.ly/3fxmExY


江利川さん、お疲れさま。しかし、これで気を緩めることなく、これまでどおりのエネルギッシュな活動を続けてください。


(お写真は江利川さんのFacebookから拝借しました。)


閲覧数:645回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2022年9月28日付の朝日新聞 EduAに「都立高校入試スピーキングの不可解 --- 都スピーキンテストは「アチーブメントテストとしても入試としてもダメ。5億円の無駄づかい」 英語教育専門家の保護者」と題した記事が掲載されました。都スピーキングテスト(ESAT-J、イーサット・ジェイ)の問題をずっと取材し、一連の優れた記事を書いてきた、石田かおるさんと山下知子さんの署名記事です。 https:/

先日の東京都議会文教委員会で、先日の東京都議会文教委員会で、ESAT-Jによる学校現場の混乱についてアオヤギ有希子議員が都教委に質問した際、「混乱しているとは認識していない」という回答がありました。この回答に、《それは現場の声とは違う!》と怒りを感じた先生たちも少なくないようです。たくさんメールをいただきました。中でも、現在、中学3年生を担当する中学校の先生がこの点について詳しく書いてくれました。

取る【付記】末尾に「付記」を加えました。(09/18/2022) 東京都の英語スピーキングテスト(ESAT-J)の試験監督求人広告が出ていると知人から教えられました。バイト情報サイト「バイトル関東」に載っている求人広告です。 https://bit.ly/3LhCwmk (以下の引用は2022年9月16日21時50分閲覧の画面からのものです。) 「学校や家庭との両立◎履歴書不要!友達同士OK」、ま