9.10学習英文法シンポジウムについて

9.10が近づいてきました。関連して、今回のシンポジウムを共催し、当日の運営も担当願うことになっている慶應義塾大学出版会から、以下の情報をみなさんに伝えてほしい旨、要望がありましたので、お伝えいたします。 —  東日本大震災に伴うこの夏の電力供給不足に対応した節電対策の一環として、慶應義塾ではこの6月1日から9月30日の間クールビズを実施しています。 これにより、本シンポジウムのスタッフにつきましても軽装(ノーネクタイ、ノージャケット等)にて業務に従事しますので、皆様のご理解とご協力をお願いします。  なお、義塾内の冷房の設定温度を28℃に設定するなど稼働制限をしておりますので、皆様におかれましても義塾への来訪の際は軽装にてお越しくださいますようお願いします。

このブログでもすでにお願いいたしましたが、申し込みをされたあと、都合で参加できなくなったかたはお手数でもsanka0910#otsu.icl.keio.ac.jp宛に(#を@にかえる)ご一報ください。 すでに定員をはるかに超える申し込みをいただいており、キャンセル待ちのかたもたくさんおいでです。この状態から判断して、当日はかなりの混雑が予想されますので、お早目のお出かけをお勧めします。予定どおりの進行のためにもどうぞご協力ください。よろしくお願いいたします。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

講演:「英語教師が知っておきたい,⾔語学と認知科学」

関東甲信越英語教育学会月例研究会で講演をいたします。 https://bit.ly/39C58EE 2021年10月2日(土) 16:00-18:00 Zoomを利⽤したオンライン開催 英語の先⽣には,⾔語学と認知科学の進展に⽬配りを怠らないでいただきたいと願っています。しかし,両分野の近年の⾼度な「専⾨化」により,先⽣がたにとってその敷居は⾮常に⾼くなってしまいました。この講演では,両分野におけ

2021年度 教師のためのことばセミナーのご案内 (日曜午前講座)

東京言語研究所では過去9回にわたり、「ことばへの気づき」を基盤として、「教師のためのことばワークショップ」を開催してきました。この考えが現行の学習指導要領にも取り込まれたことを受け、今回は「教師のためのことばセミナー」として、「ことばへの気づき」に関する講義と討論を実施することにしました。なお、新型コロナ状況を考慮し、開催形態はZoomを利用したオンライン形式を採ることにいたします。受講者としては

大著2点