GTECの「試験官」経験者からの投稿

更新日:7月26日

すでに広く知られているように、ESAT-Jはベネッセが実施しているGTECに酷似しています。この点についてはhttps://bit.ly/3J5sBPqを参照してください。


さて、先日、そのGTECの「試験官」(このかたの表現をそのまま使います。以下は、「 」を付しません)をしたことがあるというかたから連絡をいただきました。そして、そのときの体験を皆さんに知って欲しいということで、つぎの文章を寄せてくださいました。ご本人の了解を得て、以下に掲載します。


---

ESAT-Jの元になった、ベネッセが実施しているGTECの中3を対象とした試験の試験官をやったことがある。私が一番興味があったのは、試験官をつとめる我々教員の事前研修、という名の採点スキルチェックである。オンラインで、実際の試験の様子を見て、実際に一問一問数段階から選び成績をつける。日本人の英語教師が5人。ベネッセが設定した段階の成績に近いほど、試験官としての評価が高く出る仕組みなのだが、私たちの採点結果は見事にバラバラであった。結局、じぶんは高い評価を得たが、他の先生は半分が高い方で、後はそれ以下であった。その結果を見て、これ問題おかしいよね、こんなのダメだよね、と意見が一致した。

---


書いていただいたところをまとめると、こんな具合になるかと思います。試験官に採用されるためには、試験官の事前研修がある。試験官候補者が共通の素材(録音された、英語話者の音声と生徒の音声)をそれぞれ採点する。その採点結果がベネッセがあらかじめ用意した「模範解答」に近いほど、試験官としてよりふさわしいと評価される。ところが、皮肉なことに、このかたの場合は一緒に研修を受けた人たちの間で採点に大きなばらつきがあった。


音声素材の評価のばらつきについてはかねてから指摘がありましたが、ここに書かれていることに間違いがなければ、GTECの場合にもそのようなことが起きていたということがわかります。


これは単一の事例で、どのくらい一般的なことなのかはわかりません。ただ、以前から指摘しているように、英語スピーチコンテストの審査員をすると、事前に採点基準をかなり綿密に打ち合わせても審査員間の評価にばらつき(場合によっては非常に大きなばらつき)がでることは体験者であればだれでも知っているところです。


東京都はフィリピンで行われる採点について、採点者にどのような事前研修を行っているのか、プレテストなどにおいて(今回の投稿者の場合のような)採点のばらつきはみられなかったのか、などについて説明をしていません。


受験生にとってきわめて重要な点ですので、ぜひ関連する情報を開示し、不安を払しょくするよう努めるべきです。

閲覧数:345回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ESAT-J(もう解説の必要もなくなったと思いますが、東京都が都内の公立中学の3年生を対象に実施を予定している英語スピーキングテストのこと)のおかげで「破廉恥」の力を知ることとなりました。 ことの発端は2022年7月5日付で配信された、「スピーキングテスト、問題点次々 採点ミスがあっても「闇の中」? 不受験者の点数、他人の結果から算出…」と題された、EduAの記事(石田かおるさん、山下知子さんの署

何度かご案内した、当一般社団法人主催の「都立高校入試利用の英語スピーキングテストについて考えよう!」があさって6月25日(土曜日)に開催されます。すでに多数の申し込みをいただいていますが、より多くの方々にご参加いただきたく、改めてご案内いたします。 申し込み方法などについては下記のサイトをご参照ください。 https://bit.ly/3tVSs6k オンライン参加の場合、申し込みは実名でしていた

過日お知らせしました日本英語教育史学会での田崎清忠先生のご講演(2022年5月14日)ですが、その記録動画が同学会よりYouTubeにて限定配信されています。 学会員でなくても視聴できますが、まず以下にアクセスし、視聴希望を学会に伝えてください。 http://www.hiset.jp/ ご講演当日、拝聴後にアンケートにこう記しました。 --- 内容豊かで,学ぶところがたくさんありました。また,先