International Mother Language Day

2月21日は国連が定めた国際母語の日でした。

https://bit.ly/3aGNNfg


International Mother Language Day recognizes that languages and multilingualism can advance inclusion, and the Sustainable Development Goals’ focus on leaving no one behind. UNESCO believes education, based on the first language or mother tongue, must begin from the early years as early childhood care and education is the foundation of learning.

国際母語の日は言語と多言語主義がインクルージョンを促進することができること、そして、誰も取り残さないことに焦点を当てた持続可能な開発目標を評価し設定されたものです。ユネスコは、幼児期の保育と教育が学習の基礎であるから、第一言語または母語に基づく教育は幼児期から始めなければならないと考えています。(DeepLの翻訳に若干手を加えたもの)


ウィキーによると「この国際デーは、1952年2月21日、当時はパキスタンの一部だったバングラデシュの首都ダッカで、ベンガル語公用語として認めるように求めるデモ隊に警官隊が発砲し、死者が出たことに因むものである」とのことです。


母語とその教育を軽んじると取り返しのつかないことになることを一人でも多くの方に知ってほしいと思います。





閲覧数:108回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日の東京都議会文教委員会で、先日の東京都議会文教委員会で、ESAT-Jによる学校現場の混乱についてアオヤギ有希子議員が都教委に質問した際、「混乱しているとは認識していない」という回答がありました。この回答に、《それは現場の声とは違う!》と怒りを感じた先生たちも少なくないようです。たくさんメールをいただきました。中でも、現在、中学3年生を担当する中学校の先生がこの点について詳しく書いてくれました。

取る【付記】末尾に「付記」を加えました。(09/18/2022) 東京都の英語スピーキングテスト(ESAT-J)の試験監督求人広告が出ていると知人から教えられました。バイト情報サイト「バイトル関東」に載っている求人広告です。 https://bit.ly/3LhCwmk (以下の引用は2022年9月16日21時50分閲覧の画面からのものです。) 「学校や家庭との両立◎履歴書不要!友達同士OK」、ま