An Enterprise in the Cognitive Science of Language

最終更新: 3月21日

An Enterprise in the Cognitive Science of Language: A Festschrift for Yukio Otsu Edited by: Tetsuya Sano, Mika Endo, Miwa Isobe, Koichi Otaki, Koji Sugisaki, and Takeru Suzuki (佐野哲也・遠藤美香・磯部美和・大滝宏一・杉崎鉱司・鈴木猛 編) 菊判上製 定価18000円+税 ISBN978-4-89476-378-4 ひつじ書房

本書は、慶應義塾大学教授、大津由紀雄氏の2008年2月の還暦を祝し、氏と交友の深い研究者や教え子たち49名が寄稿して編まれた記念論文集である。各論文の内容は統語論・形態論・音韻論・第一言語獲得・第二言語獲得・言語処理など多岐にわたり、Stephen Crain,Nina Hyams, Thomas Roeper, William Snyderら海外からの寄稿も含まれる。どの論文も、氏が追求してきた「言語の研究を通してヒトのこころの認知機構を解明する」という目標に挑む意欲作であり、言語の認知科学の魅力にあふれた1冊となっている。

大津先生からのメッセージ(2008年4月2日) 「還暦を迎えて」 「還暦記念論集について

#出版物 #言語の認知科学

0回の閲覧

最新記事

すべて表示

フルスイング 再放送

当日のことで申し訳ないのですが、NHKテレビでことしのはじめに放映された「フルスイング」の再放送が行われています。1日二話のペースですが、きょう、10時から第四回「キャッチ」が放映されます。 — 第4回「キャッチ」  九月、高林(高橋克実)とあや(吹石一恵)のクラスで、いじめ発生。なんと子供同士ではなく、英語の太田先生(塚本晋也)がターゲットだった。ベテラン教師天童(里見浩太朗)は太田の只ならぬ気

​コミュニティ

 ブログ

 フォーラム

  • Facebook

© Copyright 2020 by General Incorporated Association Kotobanokyoiku