top of page

IPAカード


慶應義塾大学言語文化研究所の川原繁人さんがおもしろいものを作りました。IPA(国際音声字母)を素材にしたカードです。以下に、川原さんからのメッセージを貼り付けます。

-----

このたび言語文化研究所では、すべてのIPA記号が別々のカードになっていて、トランプのように遊びながら楽しくIPAを学べる「IPAカード」を出版致しました。IPAの簡単な解説やIPAカードの遊び方も載っているブックレット付きです。

定価1500円、学割は500円となっております。詳細は以下のウェブサイトをご覧下さい。音声学・言語学教育の入門にぜひご活用下さい。

http://www.icl.keio.ac.jp/news/2020/10/ipa.html

購入に関するお問い合わせ:genbu@icl.keio.ac.jp

どうぞよろしくお願いいたします。

慶應義塾大学

言語文化研究所

川原繁人

-----


閲覧数:925回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ずいぶん前のことですが、ふとテレビを見ると歌手デビュー間もない小柳ルミ子が歌っていました。 歌の途中からだったのですが、「♪男だったら 泣いたりせずに 父さん 母さん 大事にしてね」という歌詞が耳に飛び込んできました。「瀬戸の花嫁」という新曲(山上路夫作詞)です。 すぐ《それにしても、ずいぶんと気の強い花嫁だなぁ》と思いました。嫁いでいくときに、父親に向かって、「男だろ!泣いてなんかいないで、母さ

1 最初の話題は東京都の英語スピーキングテスト(ESAT-J)の話題です。 Yahooニュースに転載されたTOKYO MXの2023年1月12日22時12分配信の記事によると、1月12日に開催された東京都教育委員会の定例会でもESAT-Jの今回の実施については「大きなトラブルはなかった」としていたということです。 この記事にはMXニュースの動画も添えられています。以前に紹介したすばらしいドキュメン

bottom of page