「仮のESAT-J結果」の求め方について南風原朝和さんから回答をいただきました

昨日、2022年5月26日に東京都教育庁は「東京都立高等学校入学者選抜における東京都中学校英語スピーキングテスト(ESAT-J)結果の活用について」と題する文書を公開しました。

https://www.kyoiku.metro.tokyo.lg.jp/press/press_release/2022/release20220526_03.html


この中には「5 不受験者の扱いについて」という項目があり、「仮のESAT-J結果」を推定するという方法についての説明が含まれています。この方法が妥当なのか、もし問題があるのであれば、どのような問題があるのかなど、心理統計の専門家の意見を聞くべく、南風原朝和東京大学名誉教授にお尋ねしました。


ご承知の方も多いと思いますが、南風原さんは心理統計の専門家で、たくさんの業績と教授経験をお持ちです。


けさほど、さっそくに回答をいただき、なんどかのやりとりの後、書面にて回答をまとめてくださいました。ご本人の了解をいただきましたので、以下にいただいた書面をそのまま、公開させていただきます。


書面を読んでいただくと、「実際に英語学力検査とESAT-Jの相関がどの程度になるになるのか、そしてその結果 、回帰による予測がどのような状況を生み出すのかを事前に検討 しておくこと」がきわめて重要だということがわかります。


東京都教育庁はこの「実際に英語学力検査 と ESAT-Jの相関がどの程度になるになるのか」を具体的に示す必要があります。これ以上、生徒たち、保護者たち、先生たちを不安に陥らせることがないよう、一刻も早い対応を切に希望します。



閲覧数:479回0件のコメント

最新記事

すべて表示

東京都の中学校英語スピーキングテスト(ESAT-J)の実施日11月27日(日曜日)が迫ってきました。ESAT-Jについてはじつにさまざまな問題が指摘されています。差し迫った、現実的な問題としてずさんとしか言いようがないやり方での試験監督・監督補助者の求人が行われており、しかも、その人集めに苦慮しているという点が多方面から指摘されています。 もちろん、そういった現実的問題も重要ではあるのですが、ES