「都立高校入試への英語スピーキングテスト導入 見直しを求める」市民大集会


数多くの、さまざまな種類の問題が指摘されている、都立高校入試への英語スピーキングテスト導入ですが、これ以上、受験当事者である中学生やその指導に当たる先生たちに心の負担をかけないためにその見直しをすることが急務です。


そこで、今回、添付のチラシにある要領で、標記の市民大集会を開催することにいたしました。


3月29日(火曜日)14時から15時30分

(対面)会場は東京都議会議事堂6階第1会議室です。この集会にはZoomを利用してのオンライン参加も可能です。参加には事前申し込みが必要で、チラシにある

        

QRコードの読み取りやメール利用などの方法で申し込めます。


当日は、先生たちからの問題提起を受け、スピーキングテストの理念や方法に詳しい羽藤由美・京都工芸繊維大学教授、英語教育の在り方に関する鋭い指摘で知られる久保野雅史・神奈川大学教授が登壇します。


参加者間の意見交換・討論の時間もとってあります。


この問題に関心を寄せる方々に一人でも多くご参加いただき、問題の本質を知って欲しいと思います。保護者や一般市民のみなさんのご参加も大歓迎です。








閲覧数:237回0件のコメント

最新記事

すべて表示

先日、「東京都の「英語スピーキングテスト(ESAT-J)」が抱える本質的問題(その1)、(その2)」と題するエッセイを掲載しました。 https://bit.ly/3w7O97Z https://bit.ly/383hQPC それぞれ、それなりの長さがあるので、今回は短く、その「ツボ」といったところを書いておきたいと思います。 「その1」に関係する基本文書は「中学校英語スピーキングテスト(ESAT

東京都の「英語スピーキングテスト(ESAT-J)」が抱える本質的問題(その2) 大津由紀雄 2022年5月4日 「その1」に引き続き、都立高校入試に利用される、東京都の「英語スピーキングテスト(以下、ESAT-J。English Speaking Achievement Test for Junior High School Studentsの略称で、「イー・サット・ジェイ」と読みます)」が抱える