top of page

「都立高校入試への英語スピーキングテスト導入 見直しを求める」市民大集会


数多くの、さまざまな種類の問題が指摘されている、都立高校入試への英語スピーキングテスト導入ですが、これ以上、受験当事者である中学生やその指導に当たる先生たちに心の負担をかけないためにその見直しをすることが急務です。


そこで、今回、添付のチラシにある要領で、標記の市民大集会を開催することにいたしました。


3月29日(火曜日)14時から15時30分

(対面)会場は東京都議会議事堂6階第1会議室です。この集会にはZoomを利用してのオンライン参加も可能です。参加には事前申し込みが必要で、チラシにある

        

QRコードの読み取りやメール利用などの方法で申し込めます。


当日は、先生たちからの問題提起を受け、スピーキングテストの理念や方法に詳しい羽藤由美・京都工芸繊維大学教授、英語教育の在り方に関する鋭い指摘で知られる久保野雅史・神奈川大学教授が登壇します。


参加者間の意見交換・討論の時間もとってあります。


この問題に関心を寄せる方々に一人でも多くご参加いただき、問題の本質を知って欲しいと思います。保護者や一般市民のみなさんのご参加も大歓迎です。








閲覧数:241回0件のコメント

最新記事

すべて表示

ずいぶん前のことですが、ふとテレビを見ると歌手デビュー間もない小柳ルミ子が歌っていました。 歌の途中からだったのですが、「♪男だったら 泣いたりせずに 父さん 母さん 大事にしてね」という歌詞が耳に飛び込んできました。「瀬戸の花嫁」という新曲(山上路夫作詞)です。 すぐ《それにしても、ずいぶんと気の強い花嫁だなぁ》と思いました。嫁いでいくときに、父親に向かって、「男だろ!泣いてなんかいないで、母さ

1 最初の話題は東京都の英語スピーキングテスト(ESAT-J)の話題です。 Yahooニュースに転載されたTOKYO MXの2023年1月12日22時12分配信の記事によると、1月12日に開催された東京都教育委員会の定例会でもESAT-Jの今回の実施については「大きなトラブルはなかった」としていたということです。 この記事にはMXニュースの動画も添えられています。以前に紹介したすばらしいドキュメン

bottom of page