top of page

「都立高校入試への英語スピーキングテスト導入 見直しを求める」市民大集会


数多くの、さまざまな種類の問題が指摘されている、都立高校入試への英語スピーキングテスト導入ですが、これ以上、受験当事者である中学生やその指導に当たる先生たちに心の負担をかけないためにその見直しをすることが急務です。


そこで、今回、添付のチラシにある要領で、標記の市民大集会を開催することにいたしました。


3月29日(火曜日)14時から15時30分

(対面)会場は東京都議会議事堂6階第1会議室です。この集会にはZoomを利用してのオンライン参加も可能です。参加には事前申し込みが必要で、チラシにある

        

QRコードの読み取りやメール利用などの方法で申し込めます。


当日は、先生たちからの問題提起を受け、スピーキングテストの理念や方法に詳しい羽藤由美・京都工芸繊維大学教授、英語教育の在り方に関する鋭い指摘で知られる久保野雅史・神奈川大学教授が登壇します。


参加者間の意見交換・討論の時間もとってあります。


この問題に関心を寄せる方々に一人でも多くご参加いただき、問題の本質を知って欲しいと思います。保護者や一般市民のみなさんのご参加も大歓迎です。








閲覧数:243回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日本外国語教育推進機構(JACTFL)シンポジウムでの基調講演

2024年3月10日(日曜日)に上智大学四谷キャンパスで開催される日本外国語教育推進機構(JACTFL)第12回シンポジウムにおいて基調講演をいたします。関心のある方は参加申し込みをなさってください。以下に、JACTFLのサイトにある基調講演関連の情報を貼りつけます。参加申し込みは下記からできます。 https://x.gd/IQc94 第12回シンポジウム 外国語教育の未来を拓く:ことばの価値に

いま奈良教育大学附属小学校で起こっていること

奈良教育大学附属小学校でただならぬことが起こっている。 ことの直接の始まりは、2023年5月に「奈良教育大学附属小学校において、教育課程の実施等に関し法令違反を含む不適切な事案がある旨、奈良県教育委員会から連絡があり、奈良国立大学機構理事長の指示のもと調査委員会を設置」(「奈良教育大学附属小学校の教育課程に関する不適切事案のお詫び及び報告書について」宮下俊也・奈良教育大学長、小谷隆男・奈良教育大学

bottom of page